NEWS

米陸軍が『サブコンパクトウェポン』の取得を目指し情報提供依頼書(RFI)を発出

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: Sgt. Lindsey Bradford, Multi-National Corps-Iraq Public Affairs Office
This photo is for illustrative purposes only.
米陸軍契約司令部(ACC: Army Contracting Command)が、『サブコンパクトウェポン(SCW: Sub Compact Weapons)』の取得を目指した情報提供依頼書(RFI: Request for Information)を発出した。
情報提供依頼書は、取得を目指す装備品に対する「基本的情報の要求」であるため、現時点では漠然とした内容が盛り込まれているに過ぎない。
その為、納入スケジュールは限定されるものではないものの、銃本体にはじまり、弾倉、清掃道具、減音装置、予備部品、スリング、運搬用ケース、解説書の他に(必要とあれば)特殊工具などが含まれる。なお弾薬については、「9x19mm」の軍用規格互換品であることが求められ、「セミ/フルオート切り替え」を備えている必要がある他、ピカティニー(MIL-STD 1913)規格レイルも求められている。

この他、情報提供者に対しては、「左右両利き対応」の機種であるかや、生産拠点、過去に政府関連組織からの修繕・改修経験を持つかなどが問われている。

大手軍事情報メディア「アーミータイムズ」の記者トッド・サウス(Todd South)氏によると、インディアナ州インディアナポリスで開催された「国防産業協会(NDIA: National Defense Industrial Association)」フォーラム(5/7~10)において、計画策定局(PEO: Program Executive Office)幹部による言及があったようだ。それによると、「今回陸軍が探し求めているサブコンパクトウェポンは、広く一般の兵士に対して配備されるものではなく、『身辺警護(personal protection)』といった特定用途の任務に就く兵士に対して支給されるもの」となるようだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop