NEWS

米海兵隊の標準仕様となる新たなジャングルブーツが2018年夏までに特定

海外軍事

Photo By: Lance Cpl. Tyler Ngiraswei
This photo is for illustration purposes only.
米海兵隊システム司令部が、標準仕様のジャングルブーツ取得に向けて、6月から最大5ヶ月間に渡るフィールド試験をハワイの熱帯雨林地帯で実施し、2018年夏までに特定することを明かした。

関連記事:
米海兵隊、今夏にも新たなジャングル戦闘ブーツの試験を沖縄で実施
フィールド試験には、ダナー(Danner)、ベイツ(Bates)、アルタマ(Altama)、ロッキー(Rocky)といったお馴染みのブーツメーカーが名を連ねているが、先行しておこなわれてきた沖縄でのテストによると、ロッキーのブーツが最も多くの隊員の支持を集めていたようだ。

海兵隊におけるジャングルブーツ取得は、太平洋地域に広がる熱帯雨林地帯での展開を見据えたもので、ロバート・ネラー(Robert Neller)海兵隊総軍司令官直々による指示の下で手配が進められている。

海兵隊と同様に陸軍でもジャングルブーツの取得を企図した取り組みが進められてきたが、こちらは最近になってベルビル(Belleville)とロッキーの両方からの購入が決まっている。

関連記事:
米陸軍が2個旅団協力の下で新たなジャングル戦闘ブーツのフィールド試験を実施

海兵隊は陸軍との間でジャングルブーツ取得に伴う情報やデータの共有こそ図っているものの、最終的には独自デザインのブーツを取得することになりそうだ。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop