NEWS

「指定地域外で活動する特殊部隊員にも戦闘地域免税(CZTE)適用を」米下院議員が提唱

海外軍事 Comments(0)

Photo by Spc. Austin Boucher
This photo is for illustrative purposes only.
米国の下院議員が、対テロ作戦のため現行法で定められた指定戦闘区域外で従事する特殊部隊員に対して免税拡大を訴えた法案、『特殊作戦部隊減税法案(Special Operations Forces Tax Cut Act (H.R. 5747))』を紹介した。提唱者は共和党のリチャード・ハドソン(Richard Hudson)下院議員。ハドソン議員は、特殊部隊司令部のお膝元として知られるノースカロライナ州フォートブラッグの選出。

Photo from U.S. House of Representatives
ハドソン議員曰く、「我が国軍隊はそれこそ地球規模で活動しており、地理的な地域、ましてや一つの国で簡単に収まらない」「とりわけ特殊作戦に従事する我が国きっての精鋭は、これら世界各地の危険地帯で身命を賭してその任務に当たっているわけであり、1つの戦地で任務に就く他のすべての兵士と同様に税制面での救済を受けるべきだ」「戦闘地域免税(CZTE: Combat Zone Tax Exclusion)措置の拡大により、現実的で且つ公正な法整備が図れるだろう」と述べている。

現行法では、①アフガニスタン地域、②コソボ地域、③アラビア半島地域が戦闘地域免税に指定されていものの、当然のことながら、いつも決まった場所で戦闘作戦がおこなわれるわけではない。特殊作戦の遂行に当たっては、一般的に「合衆国法典第10編127e条(10 US Code § 127e)」に定められた「テロと戦う特殊作戦の支援(Support of special operations to combat terrorism)」の下、特殊作戦部隊に対してその実行が委ねられている。このことは同法の中でも最も一般的な権限であると考えられている。

ハドソン議員の提唱案は、合衆国法典第10編127e条に基づいて配備された特殊部隊メンバーがその展開の中で、戦闘地域免税の享受を可能とし、地理的にどこに配置されたとしても、指定戦闘区域で従事するその他の一般隊員と全く同じ恩恵が与えられることになる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop