NEWS

「なぜ陸軍ではポリマー素材の弾倉を使うことができないのか」米上院議員らが公開質問

海外軍事

Photo from Magpul
先日、海兵隊では全軍でMagpul社のポリマー弾倉、PMAGを使用できるようになったが、陸軍でも同様の措置をとるよう複数の上院議員らが求めている。

海兵隊ではM27 IARで陸軍のM855A1を使用した際のフィードエラーをなくすためPMAGを全軍で採用した。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews

ポリマー素材の弾倉は軽量で耐久性も高いといわれる。また動作不良が起きにくく、銃へのダメージも少なくなる。今回提出された公開質問状ではこれらの利点に触れ、ポリマー素材の弾倉を承認しない理由は何なのかを尋ねている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    陸軍と海兵隊はライフルや弾薬の共通化を議会から求められており、この質問状もそうした流れから起こされたアクションだが陸軍の対応には今後注目すべきだ。なぜなら、PMAGは使用を禁止されていないからである。

    参考:米陸軍、PMAGの使用を容認へ訂正 - ミリブロNews

    2012年、陸軍全軍の物資調達を担当するTACOM LCMCが、従来のアルミ製弾倉、いわゆる「GIマガジン」以外を承認しないという通告を出した。PMAGは当時既にNSN番号を取得、個人や一部部隊によってかなりの量が購入されていた。そうした中での通告だったため混乱が発生、直後に国防総省は「TACOM LCMCの通告は強制力のある命令ではなく、最終的な判断は部隊の指揮官に委ねられる」と訂正するコメントを出している。

    つまりPMAGの使用は文面では禁止されているものの、容認はされているというグレーな状態である。当時、この通達が出されたのは、陸軍で強化型のマガジンの配備がスタートしたためとも、陸軍が独自にポリマーマガジンの開発を行っていたためとも言われている。どのような決着となるのか見ものである。

    Source: Senators Mistakenly Question Why US Army Won't Authorize PMags Following USMC Adoption - The Firearm BlogThe Firearm Blog

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop