NEWS

2019年初頭に支給開始。米海兵隊の新型ボディーアーマーは、現行MCPCより23%、IMTVより45%軽量化を実現

海外軍事
米海兵隊システム司令部が、新型ボディーアーマーの紹介映像を投稿した。
海兵隊はこれまで、軽量で嵩張りを抑えながらも、防弾機能とメンテナンス性を現行モデルと同水準とする「第3世代プレートキャリア(Plate Carrier Generation III)」を陸軍と共に開発している。

関連記事:
新型ボディーアーマー、防弾プレート、バックパック、戦闘ヘルメット…改良が進む米海兵隊の個人装備
米陸軍・海兵隊が協力して兵士の重量負荷軽減を目指した取り組みを継続

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screenshot from Marine Corps Systems Command official YouTube channel
    現行MCPC(Marine Corps Plate Carrier)と比較して23%、IMTV(Improved Modular Tactical Vest)に至っては45%もの軽量化を実現。フィット感を高めるためにスポーツ規格のショルダーストラップ採用に特徴を持ち、現行防護ベストの長さを1.25インチ(=約3センチ)ほど短縮している。

    ファーストスピア(First Spear)社製品にみられる、チューブシステムやレーザーカットを使ったウェビングシステムの積極的な採用と、ベルクロの新型面ファスナーの導入が確認できる。


    Screenshot from Marine Corps Systems Command official YouTube channel
    また、小柄な海兵隊員にもサイズが行き届くよう、通常サイズに加えて、Sショート、XSショート、Sロングと、6×6インチサイズのサイドプレートがラインナップされる。これによって新たに、14,568名の海兵隊員に対して最適なサイズが配備されることになる。

    この第3世代プレートキャリアは、2019年初頭に支給される予定。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop