NEWS

2019年初頭に支給開始。米海兵隊の新型ボディーアーマーは、現行MCPCより23%、IMTVより45%軽量化を実現

海外軍事 Comments(0)
米海兵隊システム司令部が、新型ボディーアーマーの紹介映像を投稿した。
海兵隊はこれまで、軽量で嵩張りを抑えながらも、防弾機能とメンテナンス性を現行モデルと同水準とする「第3世代プレートキャリア(Plate Carrier Generation III)」を陸軍と共に開発している。

関連記事:
新型ボディーアーマー、防弾プレート、バックパック、戦闘ヘルメット…改良が進む米海兵隊の個人装備
米陸軍・海兵隊が協力して兵士の重量負荷軽減を目指した取り組みを継続

Screenshot from Marine Corps Systems Command official YouTube channel
現行MCPC(Marine Corps Plate Carrier)と比較して23%、IMTV(Improved Modular Tactical Vest)に至っては45%もの軽量化を実現。フィット感を高めるためにスポーツ規格のショルダーストラップ採用に特徴を持ち、現行防護ベストの長さを1.25インチ(=約3センチ)ほど短縮している。

ファーストスピア(First Spear)社製品にみられる、チューブシステムやレーザーカットを使ったウェビングシステムの積極的な採用と、ベルクロの新型面ファスナーの導入が確認できる。


Screenshot from Marine Corps Systems Command official YouTube channel
また、小柄な海兵隊員にもサイズが行き届くよう、通常サイズに加えて、Sショート、XSショート、Sロングと、6×6インチサイズのサイドプレートがラインナップされる。これによって新たに、14,568名の海兵隊員に対して最適なサイズが配備されることになる。

この第3世代プレートキャリアは、2019年初頭に支給される予定。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop