広島・山口両県警が米海兵隊特殊対応チームによるハイリスク訓練シナリオを視察。特殊事件捜査係・SITの姿も

海外軍事国内軍事関連

U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Joseph Abrego
山口、広島の両県警察本部のメンバーが28日、米海兵隊岩国航空基地を訪れ、海兵隊特殊対応チーム(SRT: Special Reaction Team)によるハイリスク訓練シナリオを視察した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    海兵隊SRTは、憲兵隊に属しており、主に部内で発生した特殊な事案について、警察特殊部隊のSWAT的な緊急対処を実施する武力部隊。その課せられたミッションの特殊さ故に、洗練された装備を持っていることで知られる。

    関連記事:
    在沖海兵隊 特殊対応チーム「SRT」が使用する武器写真


    U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Joseph Abrego
    公開された写真には、海兵隊SRT指揮官から武器の説明を受ける「Y SIT」のパッチを身に着けた警察メンバーの姿が確認できる。特殊事件捜査係・SIT(Special Investigation Team)は、都道府県警察本部に置かれ、誘拐事件や人質立てこもり事件などの解決に当たり、「犯人の生け捕り」を任務とする刑事警察の特殊犯捜査係。容疑者を捕縛し、取り調べて裁判に掛けることを前提としている。

    今回の訓練展示では、ルームクリアリング、ブリーチング、コミュニケーション、非致死性の逮捕術などが示された由。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop