広島・山口両県警が米海兵隊特殊対応チームによるハイリスク訓練シナリオを視察。特殊事件捜査係・SITの姿も

海外軍事国内軍事関連

U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Joseph Abrego
山口、広島の両県警察本部のメンバーが28日、米海兵隊岩国航空基地を訪れ、海兵隊特殊対応チーム(SRT: Special Reaction Team)によるハイリスク訓練シナリオを視察した。
海兵隊SRTは、憲兵隊に属しており、主に部内で発生した特殊な事案について、警察特殊部隊のSWAT的な緊急対処を実施する武力部隊。その課せられたミッションの特殊さ故に、洗練された装備を持っていることで知られる。

関連記事:
在沖海兵隊 特殊対応チーム「SRT」が使用する武器写真


U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Joseph Abrego
公開された写真には、海兵隊SRT指揮官から武器の説明を受ける「Y SIT」のパッチを身に着けた警察メンバーの姿が確認できる。特殊事件捜査係・SIT(Special Investigation Team)は、都道府県警察本部に置かれ、誘拐事件や人質立てこもり事件などの解決に当たり、「犯人の生け捕り」を任務とする刑事警察の特殊犯捜査係。容疑者を捕縛し、取り調べて裁判に掛けることを前提としている。

今回の訓練展示では、ルームクリアリング、ブリーチング、コミュニケーション、非致死性の逮捕術などが示された由。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米国の航空保安官が警乗した機内の手洗いに携行武器を置き忘れる失態 (2017-04-25 20:15)
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop