NEWS

Gentex社 USSOCOM向けヘルメットを約37万ドルで受注

海外軍事
アメリカ軍特殊部隊が使用するヘルメットについて、引き続きGentex社が受注したことが明らかになった。Gentex社の傘下である「Ops-Core」の製品であると見られる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    受注額は約37万ドル(約3755万円)余、またオプション装備・保守費用等に約46万4千ドル(約4700万円)余が計上される。

    Ops-CoreのFASTシリーズは高い防弾性能と、ナイトビジョンや通信機、頬部防護板などを装着できる拡張性の高さから、各特殊部隊に広く使用されている。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201608
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop