NEWS

米軍特殊部隊用「アイアンマンスーツ」こと『TALOS』試作に1年の遅延。2019年に最新版『Mark-5』がデビュー

海外軍事 Comments(0)

Photo from NDIA Report
「アイアンマンスーツ(Iron Man Suit)」こと、米軍特殊作戦司令部(USSOCOM)主導による次世代の戦術強襲用軽量オペレータースーツ『TALOS(Tactical Assault Light Operator Suit)』の試作開発に、1年の計画遅延が起きていることが分かった。計画トップを務めている陸軍のジェームス・ミラー(James Miller)大佐が、国防産業協会(NDIA: National Defense Industrial Association)によるメールインタビューの中で言及している。
TALOSに求められる機能領域は、①機動性と敏捷性、②電力とエネルギー、③ヒトとデジタル機器間のインターフェース、④オペレータインタフェース/視覚補助システム、⑤目標捕捉、⑥生存性向上、⑦C4Iと広範に渡り、それらに取り組む30以上の事業者が関係する壮大なプロジェクトとなっている。それだけに発足当初から幾度となく変更が加えられており、連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公募要領(BAA:Broad Agency Announcement)もその都度書き換えられている。


Photo from U.S. Special Operations Command (USSOCOM)
TALOS計画は2013年当時、SOCOMを率いていたウィリアム・マクレイブン(William McRaven)司令官の下で計画されたもので、以来毎年この時期にフロリダ州タンパでおこなわれる「特殊作戦部隊産業会議(SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference)」に向けてその経過が話題となっている。
昨年のSOFICでは、SFヒーロー映画さながらのコンセプト版プロトモデルが展示されたのと併せて、計画当初の予定通り「2018年末」にもその第一試作モデルがお披露目になると報じられていた。

関連記事:
米軍特殊作戦司令部が主導する「アイアンマンスーツ」のコンセプト版プロトモデルがSOFICで展示


Photo from NDIA Report
ミラー大佐は「TALOSのコンセプトは概ね同じだ」とし変更なく開発が進められている現状を綴っており、「2019年には『マークファイブ(Mark-5)』と呼ばれる駆動型の外骨格のプロトモデルが披露できるだろう」とも明かしている。勿論このMark-5が最終製品となるわけではなく、「多くのイテレーション(反復)作業を繰り返しながら、更なる仕様の盛り込みをおこなう」ともしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop