NEWS

米軍特殊作戦司令部と海兵隊が.338ノーママグナム弾を使用する軽量中型機関銃の市場調査を公示

海外軍事
歩兵用火器の大口径化・長射程化を計画しているアメリカ軍のSOCOMと海兵隊が.338ノーママグナム弾(.338NM)を使用する軽量中型機関銃(LWMMG……Lightweight Medium Machinegun)について市場調査を公示した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    求める仕様は2000m以上を射程とし、重量24ポンド(10.9kg)、銃身長24インチ(約60cm)以内。発射速度は1分間に500~600発程度、既存のレールマウント式照準器、あるいは「先進的な火器管制技術」を利用できることとあり、レーザー距離計などを装着した電子式照準器の採用も想定されているようだ。またサイレンサーを使用できること、既存のM240B/C機関銃とマウントを共用できることも条件としている。

    現在.338NM弾は、口径は現行の7.62mmNATO弾と大きく変わらないものの.50口径と変わらない弾道特性を持っており.338ラプアと並んで精密射撃に用いられることが多い。USSOCOMは以前から軽機関銃用途にこの.338NM弾を使用することを企図しており、ジェネラル・ダイナミクス社も独自に試作している。

    関連記事:
    アメリカ軍統合特殊作戦コマンドが新型機関銃・狙撃銃・静音自動小銃の導入を計画中

    Source: Lightweight Medium Machinegun (LWMMG) - Federal Business Opportunities: Opportunities

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201705
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開
    元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催
    「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」
    ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表
    陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」
    マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     小型自動小銃「AM-17」とサイレントバージョンの「AMB-17」の動画をカラシニコフコンツェルンが公開 (2017-09-19 19:15)
     元フランス外人部隊衛生兵・野田力氏による「アフガニスタン戦場救命」講話会が開催 (2017-09-16 20:41)
     「我々はロックバンドではない」― 厳格な米海兵隊で再入隊の進路を阻む「タトゥー」 (2017-09-15 17:30)
     ドイツ軍のG36リプレイス選定計画へ布石を打つ、タレスの新世代ブルパップ「F90MBR」が発表 (2017-09-14 16:51)
     陸上部隊の車輌に搭載、「非対称戦」向け2.75インチのロケットランチャー「フレッチャー」 (2017-09-14 12:47)
     マルコム・ターンブル豪首相がフィリピンへの「特殊部隊」派遣報道を否定 (2017-09-13 17:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop