NEWS

米軍特殊作戦司令部が、イラク・シリア等の武装組織への供給用に旧ソ連製機関銃の自国生産を計画

海外軍事

DoD photo by Staff Sgt. Luis P. Valdespino Jr., U.S. Marine Corps. (Released)
This photo is for illustration purposes only.
米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: United States Special Operations Command)が、国内の中小企業技術革新制度(SBIR: Small Business Innovation Research)を通じて、ロシア製の機関銃を手始めに、戦地で人気が高い外国製武器を対象として、自国生産の可能性を模索していることが分かった。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    昨今のイラクやシリアの戦地では、多くの戦闘員が、ロシア・旧ソ連製およびそのローカルメイドされたコピー品の武器をこぞって利用している。このことは、米軍の特殊部隊が現地の武装組織に対して武器を提供する際、各国の武器市場を通じて、その本体やスペア部品を掻き集めなければならないことを意味している。

    そこでSOCOMは、ロシア製の武器を購入して提供する代わりに、ライセンスの問題を抱えるものの、自分たちで製造することを考え、国内の企業に対してそれら外国製の武器製造を計画するよう求めている。


    Photo by Sgt. First Class Barbulescu Alcor
    This photo is for illustration purposes only.
    4月7日付で作成されたSBIRの手引書によると、「国内製造によって、オリジナルと同等以上のものを製造すること」がそのゴールとして設定され、7.62×54R弾を使用するロシア製のベルト給弾式汎用機関銃「PKM(Pulemyot Kalashnikova Modernizirovany)」と、12.7x108mm弾を使用する「NSV(Nikitin, Sokolov, Volkov)重機関銃」の名を具体的に挙げて取り組むことが示されている。

    なお、NSV重機関銃については「実弾発射を含めた完全動作を可能とする試作モデル×5挺」の製造が求められている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新
    試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘
    米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ
    無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)
     アメリカ空軍がサバイバルキット用自動小銃GAU-5/Aを刷新 (2018-07-11 11:59)
     試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘 (2018-07-09 13:18)
     米移民税関捜査局(ICE)がM4ライフルの配備を2倍以上に増強へ (2018-07-06 20:26)
     無人機の動作を妨害できる対ドローン用ウェアラブルジャマー「PITBULL」 (2018-07-04 12:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop