NEWS

米軍特殊作戦司令部が次世代スナイパーライフル用の光学機器を計画。先進狙撃銃(ASR)と関連か?

海外軍事

Photo by Lance Cpl. Charles Santamaria
This photo is for illustration purposes only.
米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: United States Special Operations Command)が、4月28日付け連邦事業機会(FBO: Federal Business Opportunities)の公告を通じて、次世代スナイパーライフルでの長距離射撃を支援する「精密可変倍率スコープ/精密照準レーザー(P-VPS/PAL: Precision Variable Power Scope/Precision Aiming Laser)」計画に関する情報依頼書(RfI: Request for Information)を発出した。応答者に対して、5月31日までの期限が設けられている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    RfIの目的は、将来に向けた種蒔き的な位置付けとなり、具体的な提案に基づく見積書を求めるものではないが、技術試験計画を8月21日から25日に掛けてケンタッキー州フォート・ノックス陸軍駐屯地でおこなうことが示されている。

    P-VPS/PALは、無線データ転送機能や内蔵スコープディスプレイ、リアルタイム弾道計算表示に特徴を持つ、可視光・赤外線ポインター/イルミネーターとレーザー測距器を備えた可変式ライフルスコープ。

    重量は4ポンド(=約1.8キログラム)以下で、ピカティニー規格レイルでの取り付けを可能とし、実射2,000発の耐久性能を持つことが求められている。また、非反射カラーで、66フィート(=約20メートル)の浸水に2時間耐える防水性を持ち、ズームに合せてレティクルの大きさが変わるファーストフォーカル(FFP: First Focal Plane)方式とし3~25倍率であることが示されている。

    SOCOMは同月の6日付で「先進狙撃銃(ASR: Advanced Sniper Rifle)」の正式取得に向けた情報依頼書を発出していることからも、今回のRfIがそれに向けたものであることも考えられる。

    関連記事:
    米軍特殊作戦司令部が「アドバンスド・スナイパーライフル」の正式取得に向けた情報依頼書を発出

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像
    米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ナイトフォース社の過酷なライフルスコープ耐久テスト映像 (2018-05-21 18:58)
     米陸軍の『XM25』計画が再燃?! HK社が試作サンプルの出荷を継続か (2018-05-21 15:19)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop