NEWS

「スーパーソルジャー」を実現?米軍特殊作戦司令部がパフォーマンスを向上させるサプリ・薬物の利用を検討

海外軍事

Photo By: Sgt. Paul Peterson
This photo is for illustration purposes only.
米軍特殊作戦司令部(USSOCOM: United States Special Operations Command)が、ヒトが元来持つ身体的能力の限界を押し上げ、高いパフォーマンスを発揮することを目的とした栄養補助食品(サプリメント)や薬品の開発に関心を寄せている。初報した大手軍事情報サイト「ディフェンスニュース」を筆頭に、英語圏の各情報サイトは、映画で描かれているような「スーパーソルジャー(super-soldiers)」に準えて(なぞらえて)この話題を紹介している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo by U.S. Air Force Bruce Joyner
    This photo is for illustration purposes only.
    横並びの条件下でスコアを競い合うスポーツ競技では、運動能力を高めるために薬物を使用することは国際ルール上で明確に「不正行為」として禁止されている。しかし一方で、ファイナンシャルタイムズによると、命懸けでハイリスクな戦闘任務に当たる精鋭オペレーターにおいては、持久力の向上や眠気を回避するなどの理由で服用することは取り立てて秘密の話でもないが、かと言って公式には認められていないとしている。

    そして今回の報道の中でSOCOMは、医学的な治験を踏まえた上で、戦場の緊張した環境下において、身体的能力や回復力、痛みに対する耐性の向上や外傷予防を求めた他、高地や水中といった平時とは異なる特別な環境下において、水や食料が無い中でも長期に渡って作戦に従事し、その高い身体能力が発揮できることも併せて希求している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop