NEWS

米軍特殊部隊(USSOCOM)の予算が3ヶ年で2,000億円近く上積み。課題は引き続き人材の確保

海外軍事

Photo by Jason Johnston
This photo is for illustration purposes only.
米国の特殊作戦および低強度紛争を担当するオーウェン・ウェスト(Owen West)国防次官補(ASD(SO/LIC): Assistant Secretary of Defense for Special Operations and Low-Intensity Conflict and Interdependent Capabilities)が、下院軍事委員会で開かれた「2019会計年度における特殊作戦関連の予算公聴会」において、軍特殊作戦司令部(SOCOM)の資金が防衛予算全体の1.9%ほどになり、90ヶ国に渡って展開する原動力になっていることを語った。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    また、SOCOMの司令官を務めるレイモンド・トーマス(Raymond A. Thomas III)陸軍大将は、「我がSOCOMの予算は、2017会計年度で118億ドル(=約1兆2,700億円)だった。そして2018会計年度における計画予算は123億ドル(=約1兆3,300億円)となり、2019会計年度においては136億ドル(=1兆4,700億円)になることが予測される」と語り、非正規戦が活発化する中で、SOCOMの予算がこの3年間で18億ドル(=約1,900億円)の上積みになることを明かしている。

    なお、ウェスト担当国防次官補は「高校生の僅か30%しか兵役に適格しない」「男女の性差を問わず精鋭兵士を募る為には、従来の枠組みにとらわれない手法と新たな層へのアプローチがとりわけ重要になる」とし、「最も重要な投資先は人材だ」と締めくくっている。

    関連記事:
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出

    そして一方のトーマス大将は、「過去10ヶ月の戦闘活動で我々は20名の精鋭特殊部隊員を失い、144名が負傷した」と語り、究極の犠牲を払った彼らに対して哀悼と敬意を表している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop