電動ガンがもっと便利に? 従来より高性能な新固体電池を米テキサス大学が開発

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

This photo is for illustration purposes only.

2017年2月28日、米テキサス大学が高性能な新固体電池の開発を発表した。

この新型バッテリーはJohn Goodenough教授(リチウムイオンバッテリーの開発者の1人)の研究チームが開発したもので、現在のリチウムイオンバッテリー比で3倍以上のエネルギー密度を有し、1,200回以上の充放電に耐える。充電についても数時間から数分単位へと高速化が可能になるとのこと。
電解質には個体ガラスを用いることによって-20℃でも高い導電率を保持するだけでなく、このガラス電解質は海水から抽出できるため製造コストも抑えられるという。

もし電動ガンのバッテリーとして考えてみると、例えば現在のリポバッテリーと同容量なら1/3のサイズで収まるということに。本体内への収納性が大きく向上し、コンパクトオートや小型SMGの電動ガンが現実となるかもしれない。


This photo is for illustration purposes only.

加えて充電が数分で済む、氷点下でも性能低下がない、コストも安いなど、今より利便性がアップするのは間違いないだろう。

もちろん電動ガンのみならず産業分野や他のホビー用途でも採用が期待される。

Text: 乾宗一郎 - FM201703
タグ :バッテリー

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供
第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催
KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始
欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に
「5.11」の生みの親で登山家のロイヤル・ロビンス氏が82歳で死去
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)
 サイバーガン社がコルトとの戦略的パートナーシップ締結を発表。軍・法執行機関向け訓練にエアソフト製品を提供 (2017-03-23 14:26)
 第16回ヒスサバウエスト=HSW16が開催 (2017-03-22 20:25)
 KWAの新型電動ガン「AEG3 RM4A1」が間もなく発売開始 (2017-03-22 19:51)
 欧州議会「銃器指導改正提案」の投票結果、エアソフトの存続が可能に (2017-03-22 13:12)
 「5.11」の生みの親で登山家のロイヤル・ロビンス氏が82歳で死去 (2017-03-21 20:01)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop