NEWS

ウクライナ企業が戦車搭乗員用シースルーシステム「Circular Review System」を開発中

海外軍事

Photo: Circular Review System via LimpidArmor official FaceBook
ウクライナ企業のリムピッド・アーマー (LimpidArmor) 社が、F-35 統合打撃戦闘機の分散型開口システム (DAS: Distributed Aperture System) にヒントを得た、戦車や装甲車輌の搭乗員向けのシースルーシステム「サーキュラー・レビュー・システム (Circular Review System) 」を開発中。

関連記事:
マイクロソフト・ホロレンズ (Microsoft Hololens) の軍事利用を進めるイスラエル国防軍

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: Circular Review System via LimpidArmor official FaceBook
    分厚く固い箱の中に押し込まれ、限られた視界しか持たず外部から閉ざされている戦車や装甲車輌においては、周辺状況の認識能力が課題として挙げられているが、マイクロソフト・ホロレンズ (Microsoft Hololens) を使った民間向け技術の軍事転用によって劇的な改善を見出そうとしている。

    同様の動きは先行してイスラエルがおこなっており、 今春に開発者向けキット× 2 セットを入手した同国防軍が、エルビット・システムズの下で「アイアン・ビジョン (Iron Vision) 」の開発に着手しており、ホロレンズが持つ特性を利用し、戦闘シーンにおけるアドバンテージの確保を目標に掲げ、そう遠くない将来での実戦投入を目指している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達
    米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム
    米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米海軍特殊部隊SEALが洋上作戦の過渡期に使用する『ビヨンド製Rig Lightジャケット&パンツ」×313セットを調達 (2018-06-25 18:35)
     米海軍SEALs用に開発された寒冷地向けウェットスーツ用のコーティングシステム (2018-06-25 11:42)
     米陸軍の要人警護用新型サブコンパクトウェポン(SCW)候補に新たに3機種が追加 (2018-06-25 11:22)
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop