空包とレーザー射撃シミュレータを使った超リアルなサバイバルゲームがイギリスで登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
サバイバルゲームの楽しさに、空包を使用したリアルな動作の火器と、レーザーによる確実な当たり判定を加えたまったく新しいサバイバルゲームがイギリスに登場し、話題を呼んでいる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ゲームを運営しているのはイギリスの「Gunfighters」。レーザー銃を使用した銃撃戦ゲームは以前から「Laser Tag」と呼ばれ各地にゲームスペースが存在するが、Gunfightersでは Advanced Engagement Simulation Systems(先進交戦シミュレーションシステム……AESS)と呼ばれる8mmのブランク弾を使用するレーザー発射機付きハンドガンを使用し、リアリティを追求している。費用は3時間で60ポンド(約8700円)。

    このように胸と背中に一つずつセンサーを取り付けて撃ち合い、当たりと判定されるとこのように光る。プレイヤーの「体力」とハンドガンの「威力」はそれぞれ事前に変更できる。

    Screen shot from MattTheMusketeer

    音と光が発生し、薬莢が飛び出す動画はとてもリアルだ。当然装填不良などのマルファンクションもある。純粋な銃撃戦というよりは、こうしたリアルさを楽しむもののようだ。

    反面、センサーを物理的に遮蔽してしまえばレーザーを感知できないという問題がある。胸や背中を隠したまま頭と銃を出せば敵のレーザーが届かない。センサーの数を増やすなどして対応する必要がある。

    光線銃は弾が出ないことが最大のメリットで、ケガや施設破損のリスクが少ない。日本でも赤外線センサーとTOPの排莢式M4を組み合わせた非常にリアルな銃が既に開発され、定期的に体験イベントが開催されている。今後の発展が楽しみである。

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201705
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop