NEWS

ポーランド軍特殊部隊支援の下、アフガニスタン軍特殊部隊がタリバンに拘束されていた11名全員を救出

海外軍事

Fot. Karol Nowicki
This photo is for illustration purposes only.
ポーランド軍特殊部隊が支援する中、アフガニスタン軍特殊部隊によって、タリバンに拘束されていた11名全員が無事救出された。

30日、ポーランドのアントニ・マチェレウィチ(Antoni Macierewicz)国防大臣が、首都ワルシャワでおこなわれた記者会見の席で、数日前に救出作戦を決行していたことを明かした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    救出劇の舞台となったのは、南部のヘルマンド州。拘束されていた11名の内訳は、兵士2名、警官4名、民間人5名となり、全員がアフガニスタン人でタリバン支配下の集落においておよそ4ヶ月間に渡って、拷問を伴う拘束生活を送っていたという。

    会見の中でマチェレウィチ国防大臣は、「今回の襲撃作戦での負傷者はゼロだ」「我が軍の特殊部隊は主に作戦の準備と支援に携わっていた」「アフガニスタン軍は十分に訓練されており、凶悪なテロリストに対して勇猛に戦った」と評している。また、救出の際に米空軍所属のヘリコプターが参加したことが明かされている。

    ポーランド軍特殊部隊は、ヘルマンド州から東に200キロメートルほど離れた南部のカンダハール州に拠点を置いている。

    ポーランドは、アフガニスタンに対してNATOの訓練ミッションを通じておよそ200名の部隊を差し向けており、同盟諸国の要請に基づき、その兵力は近く230名に増強される見込み。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop