NEWS

米警察の覆面パトカーが盗難被害。UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジン等が行方不明

海外軍事

Photo from Heckler & Koch GmbH
This photo is for illustration purposes only.
米フロリダ州オーランドで 28 日 (土) 、警察車輌が盗難の被害に遭い、車輌の中に置いてあったサブマシンガンなどの装備品の行方が分からなくなっているという。

被害車輌は覆面パトカー (unmarked police car) とのことで、警察官が自宅アパートの駐車場に停めてあったところを盗まれている。
その後、事件現場から 1 マイル (=約 1,600 メートル) ほどれた場所で車輌が見つかり、更に車輌発見現場から 3 マイル (=約 4,800 メートル) ほど離れた場所で、別の装備品が見付かっている。

しかしながら、現地時間の 29 日時点において SWAT ユニフォームやグローブなどが見付かったものの、ヘッケラーアンドコッホ (H&K: Heckler & Koch) 製の UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジンおよび、ピストル 1 挺とその装填済のマガジン 2 本、ヘルメットの行方がいまだ分からないままとなっている。

オーランド警察署は現在、市民に向けてこれら盗難に遭った武器の行方に繋がる情報の提供を呼び掛けている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop