NEWS

米警察の覆面パトカーが盗難被害。UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジン等が行方不明

海外軍事

Photo from Heckler & Koch GmbH
This photo is for illustration purposes only.
米フロリダ州オーランドで 28 日 (土) 、警察車輌が盗難の被害に遭い、車輌の中に置いてあったサブマシンガンなどの装備品の行方が分からなくなっているという。

被害車輌は覆面パトカー (unmarked police car) とのことで、警察官が自宅アパートの駐車場に停めてあったところを盗まれている。
その後、事件現場から 1 マイル (=約 1,600 メートル) ほどれた場所で車輌が見つかり、更に車輌発見現場から 3 マイル (=約 4,800 メートル) ほど離れた場所で、別の装備品が見付かっている。

しかしながら、現地時間の 29 日時点において SWAT ユニフォームやグローブなどが見付かったものの、ヘッケラーアンドコッホ (H&K: Heckler & Koch) 製の UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジンおよび、ピストル 1 挺とその装填済のマガジン 2 本、ヘルメットの行方がいまだ分からないままとなっている。

オーランド警察署は現在、市民に向けてこれら盗難に遭った武器の行方に繋がる情報の提供を呼び掛けている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop