NEWS

米警察の覆面パトカーが盗難被害。UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジン等が行方不明

海外軍事

Photo from Heckler & Koch GmbH
This photo is for illustration purposes only.
米フロリダ州オーランドで 28 日 (土) 、警察車輌が盗難の被害に遭い、車輌の中に置いてあったサブマシンガンなどの装備品の行方が分からなくなっているという。

被害車輌は覆面パトカー (unmarked police car) とのことで、警察官が自宅アパートの駐車場に停めてあったところを盗まれている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    その後、事件現場から 1 マイル (=約 1,600 メートル) ほどれた場所で車輌が見つかり、更に車輌発見現場から 3 マイル (=約 4,800 メートル) ほど離れた場所で、別の装備品が見付かっている。

    しかしながら、現地時間の 29 日時点において SWAT ユニフォームやグローブなどが見付かったものの、ヘッケラーアンドコッホ (H&K: Heckler & Koch) 製の UMP45 サブマシンガンと 4 本の装填済マガジンおよび、ピストル 1 挺とその装填済のマガジン 2 本、ヘルメットの行方がいまだ分からないままとなっている。

    オーランド警察署は現在、市民に向けてこれら盗難に遭った武器の行方に繋がる情報の提供を呼び掛けている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始
    香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷
    米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落
    英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     シグ社・P320の落下時の安全性を向上させる自主アップデートプログラムを提供開始 (2017-08-21 21:53)
     香港の大手エアソフト販売業者にNPOAEG製エアガン「AK-12」が再入荷 (2017-08-21 21:20)
     米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落 (2017-08-21 15:35)
     英陸軍特殊部隊SASがシリア北部に潜むダーイシュ(IS)幹部を狙った襲撃作戦に初めて「ウィングスーツ」を投入か (2017-08-21 11:59)
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop