ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
米ミネソタ州ミネアポリスの『ビリジアン・ウェポン・テクノロジーズ(Viridian Weapon Technologies)』社は14日までに、同社の手掛けるガンマウント対応の小型カメラ(WMC: Weapon-Mounted Cameras)『ファクト・デューティー(FACT Duty™)』が、アラバマ州の「ムーディー警察署」に納品されると明かした。ファクト・デューティーの制式配備は世界初の事例となる。

関連記事:
全米各州の警察で評価試験・導入が進むビリジアン社のガンマウント対応小型カメラ『FACT Duty』

Screenshot from Viridian Weapon Tech YouTube channel


Screenshot from Viridian Weapon Tech YouTube channel


Screenshot from Viridian Weapon Tech YouTube channel


Screenshot from Viridian Weapon Tech YouTube channel


Screenshot from Viridian Weapon Tech YouTube channel
ファクト・デューティーは、1,920x1,080フルHDカメラでの録画に加えて、500ルーメンの高出力タクティカルライトがコンボとなった製品。既存の標準仕様ピストルに取り付けでき、複数のデューティー・ホルスターに対してシームレスな適合を可能としている。
また独自の『INSTANT-ON』技術によって、射手がホルスターからピストルを抜くと同時にカメラと集音機能が自動的に起動する。カメラは充電式で3時間の録画が可能。録画データへのアクセスはパスワードで保護される。

こうした特徴によって、警察官が危険な悪党と睨み合うような緊迫した状況下であっても、取り立てて煩わしい操作無く、現場の状況を克明に記録することが可能となり、事件の記録と証拠データ提出に役立てることができる。

前回取り上げた際には、50以上の法執行機関によってテスト評価が進められてきたことが報じられていたが、今回のプレスリリースでは「今や全米で200近い警察署が評価試験・実装に向けた動きにある」とし、ビジネスが拡大する兆しにあることを伝えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop