NEWS

なぜアメリカ海兵隊はM17/M18 MHS新型制式拳銃を購入するに至ったか

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S. Army
アメリカがもつ4軍の中でも独自の道を征くことで知られる海兵隊。ベトナム戦争中はM14自動小銃にこだわり、そして今も「すべての海兵は小銃手(ライフルマン)である」のモットーのもと、カービンではなくM16A4自動小銃やM27 IARにこだわる彼らが、なぜ拳銃については陸軍に追随することになったのだろうか。
海兵隊員の装備供給を司る海兵隊システム司令部のトップ、ジョセフ・シュレーダー准将は「率直に言えば議会がそうするように求めたからであるが、陸軍が何かを選ぶ時、海兵隊は同じ道をとらない理由を考えておくべきと思う」と、海軍主催の軍需産業イベント「SEA AIR SPACE EXPOSITION」にて語った。

またシュレーダー准将は「多くの決断においてもっとも影響するのは、陸軍がどうしているのか、そしてそれは海兵隊にとって合理的なものであるのか。あるいは運用上、契約上、ありとあらゆる面において、そちらに乗り換えずにおく理由があるかどうかだ」と、陸軍が使用する装備について今後も積極的に取り入れていく可能性を示した。

M17/M18拳銃に関しては、その性能上、旧式のM9にこだわり続ける積極的な理由がないと判断されたようで、2019年予算請求では、3万5千丁のMHS購入のために600万ドル(約6億6千万円)を計上。調達・整備コストの削減や、より多くの兵士に対して最適な装備を与えるべく、M9/M9A1から.45口径のM45A1やグロック19であるM007などを置き換えるとしている。なお、フルサイズのM17とコンパクト版のM18両方ではなく、M18のみの導入が検討されているようだ。

Source: Marine Leaders Explain Corps' Decision to Buy Army's New Pistol | Military.com

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop