NEWS

あわや「ヘッドショット」。クルド女性防衛部隊スナイパーがカウンター攻撃された瞬間の映像

海外軍事 Comments(0)
海外の戦時映像投稿サイトに、あわや「ヘッドショット」の瞬間が紹介された。

映像は、シリア北部のラッカで撮影されたものとみられている。ラッカはダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)が「首都」と称しており、その討伐作戦における最後の砦で、ここ数日、連合軍による攻撃は激しさを増していることが伝えられている。
クルド人の女性武装集団である「婦人防衛部隊(YPJ: Yekîneyên Parastina Jin)」のスナイパーが、建屋の窓越しにダーイシュ陣営を狙撃。そのタイミングを見計らったかのように、敵スナイパーがカウンターで狙い撃っている。

敵スナイパーの狙撃は、幸運にもほんの僅かに逸れて壁に着弾。その様子がはっきりと映し出さている。

生死の境を分けた恐怖の瞬間を味わったにもかかわらず女性スナイパーは、あまりにも唐突だったためか、はたまた「戦場」という異質な環境の為か、そのことを微塵も感じさせず笑顔すら見せている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop