NEWS

あわや「ヘッドショット」。クルド女性防衛部隊スナイパーがカウンター攻撃された瞬間の映像

海外軍事
海外の戦時映像投稿サイトに、あわや「ヘッドショット」の瞬間が紹介された。

映像は、シリア北部のラッカで撮影されたものとみられている。ラッカはダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)が「首都」と称しており、その討伐作戦における最後の砦で、ここ数日、連合軍による攻撃は激しさを増していることが伝えられている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    クルド人の女性武装集団である「婦人防衛部隊(YPJ: Yekîneyên Parastina Jin)」のスナイパーが、建屋の窓越しにダーイシュ陣営を狙撃。そのタイミングを見計らったかのように、敵スナイパーがカウンターで狙い撃っている。

    敵スナイパーの狙撃は、幸運にもほんの僅かに逸れて壁に着弾。その様子がはっきりと映し出さている。

    生死の境を分けた恐怖の瞬間を味わったにもかかわらず女性スナイパーは、あまりにも唐突だったためか、はたまた「戦場」という異質な環境の為か、そのことを微塵も感じさせず笑顔すら見せている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop