「5.11」の生みの親で登山家のロイヤル・ロビンス氏が82歳で死去

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo by Pat Ament, from Wikipedia
カーゴパンツやコンシールメントベストなど「タクティカルウェア」メーカーの中でも、代名詞的な「5.11」社創立のきっかけとなった人物、ロイヤル・ロビンス(Royal Robbins)氏が2017年3月14日、82歳で亡くなった。
ロビンス氏は1935年生まれ。アメリカのロッククライミングのパイオニア的存在で、特に1967年、ピトンやハーケンの使用を抑えて岩場に与えるダメージを少なくする「クリーン・クライミング」を、ヨセミテの「ナットクラッカー」でアメリカで初めて行ったことで知られている。その後もクライミングやカヤック、著作活動を続けながら、クライミング用ギアを製造・販売する「ロイヤル・ロビンス」社を創立する。

ヨセミテでの登山中、機能的で丈夫な衣類が必要だと考えたロビンス氏は1968年に1本のパンツを開発し売り出した。ルートの難易度を表す「デシマル・グレード」で最高難度を表す「5.11」の名をつけられたそのパンツは評判となり、やがてFBIアカデミーに支給されるようになった。その後「5.11」はタクティカルウェアメーカーとしてロイヤル・ロビンスから分かれ、現在も法執行機関や民間軍事会社、競技シューター達に愛されるブランドとなっている。

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201703
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か
ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動
FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ
米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示
米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開
実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍SOCOMが6.5mm口径のセミオート狙撃銃の採用を検討か (2017-04-24 17:08)
 ドイツ軍のG36後継小銃の調達を目指す「シュトルムゲヴェール・システム」計画が始動 (2017-04-24 16:30)
 FN社が新ハンドガンFN509を発表 米陸軍トライアル提出モデルをブラッシュアップ (2017-04-24 12:55)
 米シークレット・サービスが5.56mmの新カービンの採用を事前公示 (2017-04-21 21:02)
 米フォード、初のハイブリッド式パトカー「Police Responder Hybrid」発売を記念した動画を公開 (2017-04-21 11:58)
 実録ロシア版ターミネーター、ヒト型ロボット「ヒョードル」の二挺拳銃撃ち映像 (2017-04-21 11:16)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop