ZShot.com 自慢の「AmericanPTW」は 30m からの落下に耐え、野球のバットにもなる

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米オハイオ州コロンバスで、システマ (Systema) 製品を中心にエアソフト関連製品を取り扱っている ZShot.com が、同社「アメリカン PTW (AmericanPTW) 」を使った過激な耐久試験の映像を公開した。
延べ 3 日間に渡る予告の末に公開されたこの映像では、8 階ビルの屋上、およそ 110 フィート (=約 33 メートル) の高さからエアソフト本体を落下させている。

その後、地上で拾い上げられた本体は、地面の砂利で傷こそあるものの、ハイダーの取り外しもスムーズに、そしてトレポン独特の発射音を響かせながら作動している様子が確認できる。

続いておこなわれたテストは、AmericanPTW をバット代わりに使って、ピッチングマシーンから投射されたボールを打ち返すというもの。バッターはストック周辺を掴み、レイル下部辺りでボールを捉えて打ち返している様子が確認できる。

Zshot.com によると、American PTW は、AR アッパー、ロアレシーバーに加えて、バッファチューブ、マグキャッチ、チャージングハンドルと、多くの部品をリアルスチール製を利用しているとのこと。日本や欧州向け PTW (Professional Training Weapon) と比べて堅牢な造りであると自信をみせている。

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加
VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催
【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場
米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上
 ルミノックスからNavy SEALシリーズ最新進化モデルとシータートルが新発売 (2017-03-28 13:13)
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ESSのCDIモデル バイオハザード仕様シューティンググラスに新色「デザートタン」が追加 (2017-03-27 18:38)
 VOLK Tactical Gear(VTG)主催によるイベントゲーム、第2回「VOLSAVA」が開催 (2017-03-27 18:07)
 【PR】新大阪の「シューティングバー ポイントドッグス」がリニューアル。「AVANTE」新作が見られるブースが登場 (2017-03-24 19:50)
 米陸軍の「二つ星」の将官が、基本を逸脱した奇妙なフォームでピストル射撃を披露し炎上 (2017-03-23 19:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop