NEWS

ツァスタバ社、6.5x39mmと7.62x39mmを交換可能なモジュラー式自動小銃を公開

海外軍事

Photo from Army Recognition
セルビアのツァスタバ・アームズ(Zastava Arms)社は、セルビア国防省が主催する兵器見本市「Partner 2017」にて銃身を6.5x39mmと7.62x39mmの2種類に交換できる自動小銃を展示した。同社広報によれば、6.5mm口径で銃身交換式の自動小銃は世界初とのこと。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    新小銃は現行のM05自動小銃のメカをベースとしており銃身の口径や長さを自由に設定できるため、様々な任務に対応できる。プロトタイプということもあり、セレクターはいわゆるカラシニコフスタイルのものと、親指で操作するタイプのものが展示されている。

    Photo from Army Recognition

    モジュラー式火器は、使用環境への柔軟さという点だけでなく、複数の弾薬を小改造で使い分けられることから火器システムの大幅な移行の際の「つなぎ」としての役割も注目されている。この新小銃もその範疇に入るのではないか。

    関連記事:
    アメリカ陸軍が「過渡的対応」として7.62mmNATO弾の自動小銃を採用か - ミリブロNews

    Source: New Modular Automatic Assault Rifle 6.5mm 7.62mm caliber Zastava Arms 13006174 | Partner 2017 News Online Show Daily Coverage

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201707
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop