U.S.Shot Show 2009 vol.5

イベント開催情報 Comments(0)
2009 U.S. SHOTSHOW COLT社ブースより、フォトレポートをお届け致します。

U.S.Shot Show 2009 vol.5
セミオート発射機構のみの、Low Enforcement向けSCW(Sub-Compact Weapon)Carbine。特徴的なストックと、銃本体部では、レールとアッパーが一体となっているModel LE6940 Advanced Low Enforcement Carbine。レールとアッパーが一体となったスタイルでは、Vltor社のVIS(Versatile Interface Structure)が記憶に新しいところです。
ロアレシーバーはM4 LE(Low Enforcement)となり、いまやスタンダードとも言えるNorgon社のAmbi-Catch(Ambidextrous Magazine Release)が取り付けられています。また、オプティクスにはAimpoint Micro T-1にLaRue Tacticalのマウントの組み合わせが、BUIS(Back Up Iron Sight)には米陸軍採用のMATECH製 600mのものとなっています。
また、フォアグリップにはA.R.M.S. Inc.のスローレバー方式とは異なる、ADM (American Defense Manufacturing)とTango DownによりリリースされたQuick Releaseシステムのものが取り付けられているように見えます。


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Low Enforcement向けAR15A2。現行の6ポジションストックではなく、旧型の4ポジションストック。


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Colt Combat Elite Model 0801


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Colt XSEシリーズ・レール対応モデル。


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Colt New Agent Series 90


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Colt Defender Series 90


U.S.Shot Show 2009 vol.5
Colt SAA(Single Action Army)


次回はKnight's Armament社のブースをお届け予定です。お楽しみにお待ち下さい。


同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート (2019-06-20 08:58)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート (2019-06-20 08:58)
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催 (2019-06-17 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop