台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催

イベント開催情報 Comments(0)
ミリブロと友好関係にある海外専門誌の「戦闘王 - Combat King Magazine -」より「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」のレポートが届けられた。撮りたてホヤホヤの情報の為、今回は News 枠でご紹介する。
※以下文中でご紹介しているエアソフトは「海外仕様」の為、日本国内での仕様とは異なる場合があります。

COMBAT KING Presents 16th HOOHA SHOW
開催:2014年8月15日~17日
⇒HOOHA SHOW http://www.combatking-monthly.com/combatking-new2.html
⇒戦闘王オフィシャルサイト http://www.combatking-monthly.com/


台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
会場全景。会場スタッフのご厚意で、非常設備の通用口を一時的に開放してもらった。ビルの 6 階フロアすべてを会場としている。客足は途絶えることなく、常に賑わっていた。通常は、バスケットボールなどのスポーツ用体育館として使用されている。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
会場入り口にて。台湾陸軍の装備品や車両を展示しイベントを盛り上げている。初日、二日目には陸軍特殊部隊自らがブースを構え、来場者に展示物の説明を行っていた。
軽機関銃 2 機搭載の SUV に乗車しているのは、写真撮影者の乙夜と友人「かおぱん」。彼女もまた、サバイバルゲーマーである。車両はもちろん、銃器も全て実物である。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
「RARE ARMS」社製作の排莢式 SR-25。強いリコイルと安定した作動性能。パワーソースは CO2 となる。日本国内販売は未定。重厚な作りで高いリアリティを誇っている。
http://miridoru.militaryblog.jp/e412214.html(こちらは試作段階。参考画像あり)

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
「GHK」社によるガスブローバック M4 ラインナップ。刻印の有無を選択可能。バレルも 10.5 と 14.5 inch を選択でき、合計 4 種類の基本バリエーションがある。元々は AK ラインナップが豊富だったが、M4 にも参入した。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾みりどる「Judy ちゃん」が手にするのは、日本でもおなじみ、「SRC」社による「G-SERIES」。豊富な製品群で大規模なブースの一面に製品を展示していた。乙夜が手にしているのは、同社の電動ガン「5.56 公厘 (ミリ) T91 式歩槍」。台湾軍正式採用の突撃銃のエアソフトガンである。中華民国造の刻印も忠実に再現している。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
気鋭のブランド「RA-TECH」社。ノズル、アウターバレル、スライドをオリジナルで製作しているとのこと。
グロックのカスタムパーツが豊富だった。モデルの女性のプレキャリには、棒状の金属部品をライフルに取り付ける事で、スリング無しにライフルを保持可能としたギアを搭載している。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
CAW の製品を輸入販売するブース。台湾には無いラインナップをもち、歴史ある日本のブランドとして現地でも人気が高い。その他、日本製モデルガンを複数扱う。

台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾ミリタリーホビーイベント 戦闘王「TAIPEI HOOHA SHOW 16th」が開催
台湾屈指のエアソフトガンメーカー「G&G」社のブースにて。イベントならではのサービス価格で販売している。
SIG P226X5 の CO2 ハンドガンは、台湾でも販売はしていない。参考として撮影させて頂いた。現在、ヨーロッパを中心に販売中とのこと。

台北 101 にほど近い、オフィスビル外に突如として現れた軍用車両に、フル装備の特殊部隊員・・・。都会の中心にありながら、実銃を手にアンチマテリアルライフルや迫撃砲まで、来場者は手にする事が出来る。家族連れの来場者も多く、台湾国民のミリタリーへの理解の深さを感じるイベントである。

Text: Itsuya / Combat King Magazine


同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
 世界の戦車&軍用車を400輌以上紹介する『ザ・タンクブック 世界の戦車カタログ』が刊行 (2019-09-11 11:09)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート (2019-06-20 08:58)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート (2019-06-20 08:58)
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催 (2019-06-17 10:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop