NEWS

元・デルタ隊員ラリー・ヴィッカーズ氏によるガバメント解説本「Vickers Guide: 1911」

専門誌 Comments(0)
「世界最強」米軍の中で、最精鋭の呼び声高い陸軍特殊部隊デルタフォース出身であるラリー・ヴィッカーズ (Larry Vickers) 氏が、「1911 ガバメント」解説の決定本「Vickers Guide: 1911」を出版、そのプロモーション映像を公開した。

1911 年の米軍での制式採用以来、100 年以上に渡って、第一線で活躍するオペレーター、シューターに愛用され続けた「ガバメント・モデル 1911」。アメリカン・ピストルの代名詞的存在でもある 1911 は、足掛け 2 世紀もの長期に渡り、戦闘実証がおこなわれ、全米各地に広がるカスタムビルダー等の手により多くの改良が施されてきた。

本書では、インストラクターであり、様々な銃火器に精通するエキスパートでもあるヴィッカーズ氏が、米軍特殊部隊で使われる武器開発の一部を垣間見ることに誘い、歴史上高い価値を持つ製品の開発と改良、主要な 1911 カスタムビルダーの紹介をおこなっている。
352 ページから成り、40 種類のハンドガン、3つのカスタムショップ訪問記と、10 人のビルダーを収録している。収録内容には、Colt や Kimber、Pachmayr、Springfield Armory、STI、Wilson Combat 製の貴重なピストルの数々の他、Jason Burton 氏、Jim Garthwaite 氏、John Harrison 氏、Richard Heinie 氏、Paul Liebenberg 氏、Steve Nastoff 氏、Wayne Novak 氏、Armand Swenson 氏と著者である Larry Vickers 氏といったカスタムビルダーらが含まれる。

また、銃火器の専門家でインストラクターでもある Ken Hackathorn 氏、世界チャンピオンシューターの Rob Leatham 氏、カスタムビルダーの Jason Burton 氏らの真相も加えられている。

Vickers Guide: 1911 は、①スタンダード版、②シグネチャー版、③100 部限定プレミアム版の 3 種で発売中。

Vickers Tactical 2015/11/13

同じカテゴリー(専門誌)の記事画像
ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売
元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』
専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン
野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版
ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売
同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」
同じカテゴリー(専門誌)の記事
 ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」から25年。新たな証言を基に執筆された書籍が発売 (2018-11-01 17:16)
 元陸自一佐・化学防護隊長が描く近未来。漫画『日米中激突! 南沙戦争』 (2018-09-14 14:45)
 専門誌「月刊アームズマガジン」のWEBマガジンサイトがオープン (2018-08-27 19:50)
 野田力著『フランス外人部隊 その実体と兵士たちの横顔』 9/8出版 (2018-08-27 19:13)
 ソ連時代の特殊部隊員が綴る「AK-47」解説書籍が発売 (2018-08-09 14:14)
 同人誌「ミリタリーナレッジレポーツ」vol.21「ハンドガン/ライフル上達ドリル」 (2018-07-18 11:37)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop