「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)

イベント開催情報 レポート Comments(0)
「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
ここ数年盛り上がりをみせている「サバイバルゲーム」の中で、ミリタリールックのコスプレ要素を追求しつつも、ゲーム性溢れる要素が盛り込まれ、開催の回を重ねる毎に人気を博したゲームシリーズの「ギアログ」。そのギアログの地方都市を舞台とした最初で最後のスピンオフ企画「ギアログ東北 v.s. 広島」が 5 月 29 日に両都市で開催された。

ギアログ東北主催:TJ1 / ギアログ東北実行委員会
企画協力:MMR-Z
協力:コンバットマガジン、ミリタリーブログ、ミリスマ
協賛:Big-out、MIL-FREAKS、PK ウェーブ、REALMENT

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
東北での開催地となったのは、宮城県の新鋭フィールド「ジョーズポイント」。十数メートルはあろうかというコンクリート造りの壁を中心に、人工的なバリケードと自然の要塞が織りなす、絶好のロケーションを持ったフィールドだ。

ジョーズポイント:
http://piyonpiyonusagisanteam.jimdo.com/

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
その延べ面積は、東京ドーム 1 個分超の 18,000 坪 (=約 59,400 平方メートル) に及び、オープンエリアでのスピード感溢れる戦闘の他、森林エリアで息を潜めての駆け引き、高低差を使ったロングレンジでの撃ち合いといった、様々な要素を 1 つのフィールドの中で楽しむことが出来る。
「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
ギアログ東北の開催を取り仕切った滝口氏。かつて関東で開催されたギアログシリーズに参加した経験を持つ。
今開催では、一般参加者ではなく、主催者として奔走した。
入念な準備と、地元の後押しを受けて、東北 6 県を中心に関東からも併せて 100 名のアツイ装備ゲーマーが集結し、開会式前の時点で既に大きな盛り上がりをみせていた。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
開会に当たって、挨拶をする P.U.T. 隊長と部長。
仙台を拠点に活動しているサバイバルゲームチーム P.U.T. は、ジョーズポイントをホームグラウンドとし、ギアログ東北の開催に当たって準備を進めてきた。
P.U.T. 隊長によると、今後ジョーズポイントは貸切を中心としたフィールド運営をおこなう予定にあるとのこと。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
ギアログ恒例となった「ギアログガールズ」も登場。2016 ミス・ユニバース山形代表に選ばれた砂田早紀さん (左) 登場のサプライズもあり、イベントに華を添えた。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
ギアログ東北では、主催者サイドが一丸となって、自動車サイズのブラックホークというシンボリック的要素を投入してきた。
当初予定では、フィールド内での兵員輸送や、ギアログならではのバトル要素である「航空支援」の際に制圧射撃での利用が見込まれていた。
このブラックホーク、残念なことに当日朝の稼働チェックの際に、エンジントラブルに見舞われてしまう。しかし、フィールド内のオブジェクトとして十分な存在感を放ち、午後から用意された写真撮影タイムには、参加者がこぞってブラックホークの前でポーズを取り、記念撮影をおこなっていた。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
各種装備ジャンルの中からチーム分けし、3 陣営に分かれてのバトルが開始。統一された装備の参加プレイヤーが連携を取って敵陣営に切り込む姿はギアログならではの光景だ。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
グリッド表記された地図と無線での通信を使って、後衛の味方が提供する的確な情報・指示により、敵の潜むエリアへピンポイントに攻撃を仕掛ける状況が展開していた。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
激戦が予想されるエリアには、表裏が色分けされたハードケースが置かれている。指定された色へひっくり返すことで、「IED 起爆」とし、敵側にまとまったキル数をお見舞いすることができる。また、ギアログ東北では更に進化して、ハードケースを開けた中にも更に色分けできるような仕掛けが追加され、より多くのキル数を見舞うことができるようになっていた。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
航空支援が発動し、攻撃態勢に入った。重武装の車輌がフィールド内に展開し、敵勢力を一掃する。

「ギアログ (GEARLOG) 」地方版スピンオフ企画最終章「東北 vs 広島」が開催 (東北編)
この日予定されていたスケジュールを全て終えたところで、ギアログシリーズの開催を手掛けてきた morizo 氏より新機軸となるイベントのサプライズ発表がおこなわれた。その名も「ギアフェス」。

morizo 氏によるとギアフェスは、ギアログシリーズの DNA を受け継ぎ、従来の開催で培ってきたノウハウを活かした新たなゲームイベントになるとのこと。今秋にもその第一弾の開催を見込んでいる。

また、今回のギアログ東北の仕掛け人である滝口氏も、東北地方の装備ゲーマーが楽しめる第 2 弾のイベント開催をおこないたいと発言。閉会式は、早くも次回イベントの開催へ繋がる盛り上がりの中で幕が下ろされた。

なお、本稿でご紹介し切れなかった写真の数々を、下記ミリブロ公式 FaceBook ギャラリーにて公開中となっているので、こちらも是非ご覧頂きたい。



同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事画像
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート
田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート
ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」
【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催
PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催
6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催
同じカテゴリー(イベント開催情報)の記事
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」2日目(実地学習)レポート (2019-06-20 08:58)
 田村装備開発 大阪出張訓練「野戦」1日目(座学)レポート (2019-06-20 08:58)
 ベトナム戦争ヒストリカルゲームイベント「アホカリプスVNリユニオン2019」 (2019-06-20 08:56)
 【PR】超大国アメリカの軍隊がなぜアフリカで展開?紛争解決活動NPO法人によるトークイベントが開催 (2019-06-18 17:41)
 PTWのオンリーイベントである「トレーニングウエポンフェスティバル」が開催 (2019-06-17 10:08)
 6/15(土)・16(日)に東京・秋葉原で『トレーニングウェポンフェスティバル(TWF)』が初開催 (2019-06-10 16:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop