NEWS

中国、将来の陸上戦闘を見越した多脚戦車を開発か?

海外軍事
『Populr Science』は 9 月 23 日付けで、中国が多脚戦車の研究を行っていると報じている。

これは南京工科大学で研究されているとするもので、8 本の脚を持ち、そして背中に砲塔を背負っているロボット (eight-legged demonstrator) の想像図が掲載されている。また後部には 2 本のロボット・アームのようなものもあり、また下部にはもう 1 本脚が装備されている。これらは射撃時の安定性を高めるために装備されているとされる。
世界最大の「カマキリ」型 六脚 ロボット
全長は 6 m で、幅は 2 m とされ、また背中の砲塔は 30 mm 砲とされる。主に、戦車が入れないような都市部や、山岳地帯での使用を見込んでいるとのことだ。

Populr Science 2014/09/23
Image 1 (embed): Star Wars: Attack of the Clones, via Wookiepedia. This image is for illustration purposes only.
Image 2: via Hongjian at China Defense Forum
Text : 鳥嶋真也 - FM201410

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」 (2017-12-14 14:25)
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop