NEWS

世界最大の「カマキリ」型 六脚 ロボット

海外軍事 Comments(0)
英国 Winchester に拠点を置き、アニマトロニックス (Animatronics : 生物に倣った自然な動きをするロボットの製作技術) を手掛ける Micromagic Systems Ltd は、六脚 (Hexapod) を持つウォーキング・ロボ "Mantis" (=カマキリ) の映像を公開した。Mantis 開発のために創設されたこの企業では、2009 年から 4 年の歳月を掛けて開発。試作 1 号機を 2011 年夏、テストに供し、メカニカルな部分を中心とした改善をおこなった由。この Mantis の重量は約 2 t (1,900 kg) で、全高は 2.8 m、長い脚を持つため本体周囲の稼動範囲は 5m にも及ぶとし、全地形 (all-terrain) での運用を可能とするロボットとしては世界最大のスケール。Perkins 製 2.2 L ターボ・ディーゼル・エンジンにより駆動させ、各種センサー類との統合により、瓦礫などが散在する足場の悪い地形での高い踏破能力を持つ。また、オペレーターは、オンボードだけでなく、WiFi リンクにより操作することも可能としている。

Mantis Walking Machine official FaceBook 2013/03/29
Mantis Robot official website
Micromagic Systems Ltd

過去の「ロボット」関連記事:
人型四脚エンジン駆動の陸戦ロボ「クラタス」がワンフェスに登場


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 アラブ首長国連邦(UAE)に雇われた米国の「傭兵」企業がイエメンで政敵排除に直接介入 (2018-10-19 16:11)
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop