ベレッタ M9A3 ピストル、米国の小売店での販売に向けてシッピング開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米軍の次期ピストル選定関連の話題で賑わっている中、ベレッタ (BERETTA USA) 社 は 2 日、同社の M9A3 ピストルが全国の小売店に向けてシッピング中であると発表した。

視認性を低減させるアーストーンに仕上げられた外観が印象的な M9A3 は、既存の M9 ピストルにオペレーション時の効率性と能力向上を図った最新モデル。従来モデルからの改善はデザイン設計にとどまらず、使用している素材にも及んでおり、その結果、人間工学上の強化、モジュール性、信頼性、耐久性の向上が図られている。

関連記事:
米陸軍 次期ハンドガン選定でベレッタ M9A3 ピストルが検討候補から脱落か

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    オプションの取り換え版を含めた薄型のグリップをはじめ、モジュラー式の湾曲グリップ、MIL-STD-1913 アクセサリー・レイル、取り換え可能なトリチウム内蔵型フロント / リアサイト、サプレッサー対応のバレルなど、多くの特徴を備えている。

    これら一連のパッケージにおける改善は、現在の米軍 M9 契約の基準に従い、技術変更提案 (ECP: Engineering Change Proposal) を通じて提出されている。米軍納入 30 年の実績を誇るM9ピストルで培ったノウハウを下地に、随所に改善が施されたものと自信をみせている。

    Beretta USA 2015/11/02

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある
    CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告
    カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始
    弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開
    ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中
    装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定
     あらゆるハンドガンは「ホルスターに入れただけ」で暴発することがある (2017-12-15 11:56)
     CZ-USA社がサイレンサー内蔵スコーピオンEVOを2018年の新製品として予告 (2017-12-15 11:19)
     カプコン リアルプロップシリーズ第15弾の「Thor’s Hammer」電動ショットガンが予約開始 (2017-12-15 11:11)
     弾倉に弾を入れっぱなしにするとスプリングはどれくらい縮むのか5年半かけて実験した動画が公開 (2017-12-14 17:35)
     ロシア・PUFGUN社がAK用クアッドカラム50連弾倉を開発中 (2017-12-14 14:04)
     装備好きのためのイベントゲーム、地方版スピンオフ企画の「ギアフェス東北」が来春開催決定 (2017-12-13 18:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop