NEWS

米陸軍、スマート光学機器導入を検討

海外軍事
米陸軍が歩兵向けスマート光学機器の導入を検討しているとMilitary.comが伝えている。

記事によると、検討されているスマート光学機器は、分隊長の操作によって目標がタグ付けされると、隊全員の光学機器にタグが表示され、目標の位置を共有できるというものだ。

近年、陸軍はDARPA(国防高等研究計画局)が開発する「ワンショット・スナイパー・システム」や、トラッキングポイント社が開発する「トラッキングポイント」など、あらゆるタイプのスマート・スコープ・テクノロジーをテストしている。

関連記事:
精密誘導射撃システムの初回生産版が SEALs に提示
テキサス州オースチンのトラッキングポイント社は、コンピューター内蔵のハイテク・ライフル・スコープを開発している企業だ。伝説的スナイパーであり「アメリカン・スナイパー」で映画化もされたクリス・カイルは有名だが、その未亡人タヤ・カイルは、トラッキングポイント社のハイテク・スコープを使用して、NRAワールドチャンピオンのブルース・パイアットとの射撃競技で見事勝利を収めている。タヤ・カイル自身は高度な射撃技術を持っているわけではないが、ハイテク・システムにより、射撃経験の浅いユーザーでも射撃競技でプロを凌ぐスコアを叩き出せることを証明したのだ。

関連記事:
「アメリカン・スナイパー」夫人が NRA トップシューターとの射撃対決に「パーフェクト」勝利

現在、トラッキングポイント社は、7.62mmNATO口径のM800 DMRライフルや、.300BKL口径の.300ホグアウト・ライフルをリリースしている。価格はそれぞれ、M800 DMRが15,995ドル(約190万円)、.300ホグアウトが12,995ドル(約154万円)である。

関連記事:
TrackingPoint が IS・アルカイダと戦う米国戦士の支援を目的に最新スマート小銃 10 挺を無償提供

トラッキングポイント社は、同社のシステムがいずれ米陸軍に採用されると自信を持っており、同社によれば、米陸軍試験評価コマンド(ATEC)が新製品のテストを準備しているという。早ければ、三月にも陸軍は要求する条件を提示するとみられている。

しかし、一方で陸軍から懸念も指摘されている。一つは、高価であること。もう一つは、移動目標に対する「タグ付け」の難しさだ。もし、目標(敵兵)が民間人と共に移動している場合、誤って民間人にタグ付けしてしまうとも限らない。

これに対しトラッキングポイント社のスポークスマンは、引き続きシステムの改良を重ね、画像処理能力や自動目標捕捉の技術を向上させると話している。同社は、システムが人間の知覚能力より早く目標を捕捉することにより、システムを搭載したライフルの最大有効射程距離で目標と交戦できる能力を得ることを目指している。

Military.com 2016/01/19
Text: ポル - FM201601

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
USSOCOM、国際特殊作戦部隊週間 (ISOF Week) 2016 のリハーサル映像を公開
リヴィジョン・ミリタリー、極寒地での利用を想定したバラクラバ一体型ゴーグル「スノーホーク (SnowHawk) 」を発表
IED で足を切断した退役海兵隊員が、史上初めてエベレストの登頂に成功
警察仕様のフォード F-150
軍事技術の民間転用、DARPA「Warrior Web」計画が患者の治療用途に利用へ
オランダ陸軍、市街地戦闘での CQB 訓練を想定したバーチャル訓練システムを導入
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 USSOCOM、国際特殊作戦部隊週間 (ISOF Week) 2016 のリハーサル映像を公開 (2016-05-25 14:47)
 リヴィジョン・ミリタリー、極寒地での利用を想定したバラクラバ一体型ゴーグル「スノーホーク (SnowHawk) 」を発表 (2016-05-24 19:56)
 IED で足を切断した退役海兵隊員が、史上初めてエベレストの登頂に成功 (2016-05-24 15:34)
 警察仕様のフォード F-150 (2016-05-24 13:48)
 軍事技術の民間転用、DARPA「Warrior Web」計画が患者の治療用途に利用へ (2016-05-24 12:57)
 オランダ陸軍、市街地戦闘での CQB 訓練を想定したバーチャル訓練システムを導入 (2016-05-23 13:39)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop