NEWS

近接航空支援 (CAS) を要求する米空軍 TACP の訓練ハイライト映像

海外軍事
在欧米空軍の司令部があるドイツのラムシュタイン空軍基地は、前線で航空・攻撃支援などをおこなう地上戦闘員「TACP (Tactical Air Control Party) 」が参加した訓練映像を公開した。
ドイツ中南部、フィゼックの米空軍 第 2 航空支援作戦中隊 (2 ASOS: 2d Air Support Operations Squadron) では「Strike With Fury」をモットーとしている。

関連記事:
米空軍、空軍特殊作戦コマンド (AFSOC) の任務を紹介するトレーラーを公開

Ramstein Air Base 2016/02/16

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イラクで少年兵勧誘役のダーイッシュ (IS) 司令官が「正体不明」の武装集団に殺害
アメリカ海兵隊はスナイパーライフル向け弾薬の大口径・高精度化を模索している
イラク治安部隊がダーイッシュ (IS) から要衝奪還の為、小型車サイズの無人攻撃ロボットを準備
M16×4,891、M240×485、M2×800。米国防安全保障協力局 (DSCA) がアフガン向け FMS を発表
ロシア国防省向け新型ピストルの供給は 2017 年に始まる見込み
米陸軍の環境発電型バックパック「Energy Harvesting Assault Pack (EHAP) 」
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イラクで少年兵勧誘役のダーイッシュ (IS) 司令官が「正体不明」の武装集団に殺害 (2016-08-24 12:36)
 アメリカ海兵隊はスナイパーライフル向け弾薬の大口径・高精度化を模索している (2016-08-23 14:12)
 イラク治安部隊がダーイッシュ (IS) から要衝奪還の為、小型車サイズの無人攻撃ロボットを準備 (2016-08-23 13:32)
 M16×4,891、M240×485、M2×800。米国防安全保障協力局 (DSCA) がアフガン向け FMS を発表 (2016-08-23 12:05)
 ロシア国防省向け新型ピストルの供給は 2017 年に始まる見込み (2016-08-22 12:52)
 米陸軍の環境発電型バックパック「Energy Harvesting Assault Pack (EHAP) 」 (2016-08-19 15:57)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop