NEWS

ポーランド警察、急増する違法タバコ密造アジトの急襲映像を公開

海外軍事
ポーランド警察が違法タバコの密造アジトを急襲する映像を公開した。平時の私服に近い服装のまま武装し、容疑者の身柄を捕縛する捜査員の姿も確認できる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    中央捜査局 (CBŚP: Centralnego Biura Śledczego Policji) によると、こうしたタバコの密造現場を摘発したのは、2015 年で 9 箇所だったのに対して、今年は僅か 10 週間で 7 箇所を既に摘発しているとのこと。国内全体で 2,500 万本の巻きタバコと 50 トンの刻みタバコ、それに 1,600 万ズロチ (=約 4 億 7,000 万円) 相当の製造機器が押収されている。こうした密造によって、5,000 万ズロチ (=約 14 億 7,000 万円) 相当の経済損失が発生すると見積もられている。

    関連記事:
    ポーランド警察、ブルガリアと共同で欧州最大規模の違法タバコ密造工場を強制捜査

    ポーランドの国内産業において、タバコを含めた食品産業は全売上高に対して 5 分の 1 を占めるなど、ポーランド経済の中で重要な位置付けとなっている。

    特にここ数年は、国内での違法なタバコ工場が増え、高度に専門的な犯罪集団により流通し、南米、アジア、アフリカ、バルカン半島諸国を通じて、ドイツ、ノルウェー、英国などで販売されている。

    Polska Policja 2016/03/17

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す
    フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得
    A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる
    初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査
    『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける
    夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の新型『バリスティック・コンバットシャツ(BCS)』の開発企業が海兵隊向け新型アーマーにも乗り出す (2018-05-18 17:51)
     フランスMetravib社のレイル取り付け式「銃声検出システム」が競合他社との比較評価試験でトップを獲得 (2018-05-18 14:40)
     A-10攻撃機用の30mm劣化ウラン弾に廃止の議論が高まる (2018-05-17 17:46)
     初めての「実戦」は人にどんな影響を及ぼすのか?米陸軍士官学校『現代戦争研究所』が戦闘体験を調査 (2018-05-17 13:26)
     『Holmatro Door Blaster HDB 90ST』は、悪党の潜む建屋のドアを静かに「2秒以内」に開ける (2018-05-16 16:23)
     夜間でも最大2,200m先のマンターゲットの狙撃を支援する米陸軍の『スナイパーライフル用照準器群(FWS-S)』 (2018-05-16 12:53)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop