NEWS

ペンタゴン、特殊作戦向け「ステルスバイク」のプロトタイプ 2 車種を SOFIC で展示

海外軍事

5 月 23 日から 26 日を会期として、フロリダ州タンパでおこなわれている国防産業協会 (NDIA: National Defense Industrial Association) 主催の「2016 特殊部隊産業会議 (SOFIC: Special Operations Forces Industry Conference) 」に、国防総省国防高等研究事業局 (DARPA: Defense Advanced Research Projects Agency) 主導で開発が進められている「ステルスバイク」のプロトタイプ 2 車種、「サイレントホーク (Silent Hawk) 」と「ナイトメア (Nightmare) 」が展示された。

サイレントホークについては 2015 年 1 月に既報の通り、ロゴス・テクノロジーズ (Logos Technologies) 社が、アルタ・モーターズ (Alta Motors, 旧 BRD 社) とのパートナーシップの下で当時開発中だった電動ハイブリッド軍用オートバイを、中小企業技術革新研究プログラムを通じておこなわれる DARPA 計画のフェーズ II に進んだことが示されている。一方の競合バイクとなるナイトメアは、LSA (Land Sea Air) Autonomy 社により開発されている。

関連記事:
DARPA 計画フェーズ II へ、電動ハイブリッド 軍用オートバイ「SilentHawk」の開発が継続に
ロサンゼルス市警、米軍特殊部隊向け電動ステルスバイク「Zero MMX」を評価試験

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    両バイク共に最新のハイブリッド式マルチフューエルエンジンを搭載。通常オペレーション時には従来の燃料車と同じ運用となり、それなりの騒音を発しているが、敵地へ侵入する際など、静粛性を必要とする場合には「サイレントモード」にスイッチを切り替え、バッテリー駆動が出来るという特色を持つ。

    通常運転時の騒音では、「地下鉄の車内」や「麻雀牌をかき混ぜる音」とほぼ同等の 80 デシベルとなる。これは、一般的にヒトが「極めてうるさい」と感じる騒音レベルとされる。
    一方のサイレントモードでは、「室内の会話」レベルの騒音とされる 55 デシベル。ヒトが寝入っている際に影響を及ぼさない程度と言われている。

    ロゴス社が公表しているサイレントホークの緒元は以下の通り。

    SilentHawk Capabilities
    * Equipment-carrying capacity of 75 lbs
    * Multi-fuel hybrid system (gasoline, JP-5, JP-8, Jet-A1, propane, AVGAS)
    * Interactive graphical interface to display mission data and system status
    * Integrated mount and power interface for Android Tactical Assault Kit (ATAK) device
    * Charging ports for equipment and handheld electronics
    * Up to 170 miles total range (including 2 hrs in quiet mode)
    * Top speed of 80 mph
    * Low acoustic signature
    * Two-wheel drive improves SilentHawk’s all-terrain capabilities and efficiency (power regeneration through braking)
    * Surpasses IP 65 environmental sealing standard


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop