NEWS

ダーイッシュ (IS) 討伐作戦でおびただしい戦歴を提示、戦闘ディプロイメントから帰還した A-10C の写真が話題に

海外軍事

Photo: via Idaho Air National Guard 124th Fighter Wing News letter "The Beacon"
ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) 討伐を掲げた「不変の決意」作戦 (OIR: Operation Inherent Resolve) が展開される中、米空軍の A-10 サンダーボルト II 対地攻撃機による激しい戦歴を物語る写真が拡散され話題となっている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    10 月 24 日、アイダホ州ボイシにあるゴーウェン・フィールド空軍州兵基地の第 124 戦闘航空団 (Idaho Air National Guard 124th Fighter Wing) 隷下、第 190 遠征戦闘飛行隊 (Expeditionary Fighter Squadron)「スカルバンガーズ (Skullbangers) 」が、6 ヶ月に渡る戦闘ディプロイメントを経てトルコ南部のインジルリク空軍基地から帰還。

    写真は、第 124 戦闘航空団が発行している PDF 形式の公式ニュースレター「ビーコン (Beacon) 」 2016 年 11 月号の巻末に紹介された「A-10C 78-0633」。機体の先端右側には、おびただしい数の戦歴がマーキングされ、幾度となく出撃した様子が垣間見れる。

    機体の老朽化を理由に過去何度も退役が取り沙汰されてきた米空軍の A-10 攻撃機だが、今年 10 月には、空軍制服組のトップが退役計画の撤廃を決定し、「無期限 (indefinitely) に飛ばし続ける」と発言していたことが航空情報専門サイトのスクープで明かされ、対地攻撃機としてその有用性が証明されている。

    関連記事:
    米空軍、対地攻撃機 A-10 の退役を「無期限延期」へ。ダーイッシュ (IS) との戦闘が背景に
    「A-10 を守ろう」米俳優 チャック・ノリス (Chuck Norris) 氏が呼び掛け


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop