NEWS

フィリピン軍の特殊部隊運用が新体制で発足。『軍特殊作戦司令部(AFPSOCOM)』の下で一元化へ

海外軍事 Comments(0)

Photo By: Lance Cpl. Allison DeVries
This photo is for illustration purposes only.
フィリピン軍が8日付で、『軍特殊作戦司令部(AFPSOCOM: Armed Forces of the Philippines Special Operations Command)』を新たに発足させた。新編されたAFPSOCOMによって、全ての特殊作戦部隊における指揮系統が一元化され、陸軍の特殊作戦司令部(SOCOM: Philippine Army’s Special Operations Command)は廃止となる。

Photo by Tech. Sgt. Michael Holzworth
This photo is for illustration purposes only.
AFPSOCOMは、これまで第7歩兵師団の司令部があった、北部ルソン島のヌエヴァ・エシハ州にあるフォート・マグセイセイを拠点とし、陸軍の第1偵察レンジャー連隊(1st Scout Ranger Regiment)、特殊部隊(空挺)連隊(Special Forces (Airborne) Regiment)、軽即応連隊(Light Reaction Regiment)と、海軍の特殊作戦グループ(Naval Special Operations Group)、海兵特殊作戦グループ(Marine Special Operations Group)および、空軍の第710特殊作戦航空団(710th Special Operations Wing)と、統合特殊作戦グループを含めた組織構成となる。

新体制発足においては、南部ミンダナオ島を舞台に、2013年9月と2017年5月の二度に渡って起きた過激派グループとの大規模な戦闘がその背景にある。

関連記事:
ミンダナオ島マラウィでダーイシュ(IS)掃討作戦をおこなうフィリピン軍特殊部隊の映像

SOCOMから引き続きAFPSOCOMで指揮を執ることとなったロニー・エヴァンゲリスタ(Ronnie Evangelista)少将は、「今回の新体制によって特殊部隊の運用はより効率的かつ効果的なものとなるだろう」と自信をのぞかせている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop