NEWS

ミンダナオ島マラウィでダーイシュ(IS)掃討作戦をおこなうフィリピン軍特殊部隊の映像

海外軍事 Comments(0)
国際報道チャンネルの Vice News がフィリピン軍に同行取材を行い、フィリピン・ミンダナオ島マラウィ市で展開中のダーイシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)掃討作戦の様子を配信した。動画には、敵スナイパーの狙撃を搔い潜りながら索敵などを行うフィリピン陸軍特殊部隊や、ダーイシュが潜伏する市内に向け迫撃砲攻撃を行うフィリピン海兵隊の様子などが映し出される。

動画冒頭の特殊部隊は、フィリピン陸軍 特殊作戦軍のライトリアクション連隊(レポーターを先導するAirframeヘルメットを装着した隊員の部隊)を中心とした混成部隊と思われるが、個々の身のこなしや連携の取れた動きなどから練度と経験値の高さが伺える。
フィリピン陸軍 特殊作戦司令部(SOCOM, PA / Special Operations Command (Philippines))の指揮下には、三つの特殊部隊が存在する。
●スカウトレンジャー連隊(Scout Ranger Regiment):
米陸軍第 75 レンジャー連隊を手本に 1950 年設立。ジャングル戦、ゲリラ戦を得意とする。

●特殊部隊連隊(Special Forces Regiment (Airborne)):
グリーンベレーを手本に 1962 年設立。グリーンベレーと共同訓練を行う機会が多い。

●ライトリアクション連隊(LRR:Light Reaction Regiment):
「フィリピン軍のデルタフォース」と呼ばれるカウンターテロ専門部隊。2004 年に前身となる LRC(Light Reaction Company)を発足。隊員はスカウトレンジャー連隊と特殊部隊連隊から選抜される。

海軍には「フィリピン軍のネイビーシールズ」と呼ばれる海軍特殊作戦グループ(Naval Special Operations Group :NAVSOG)、海兵隊にはフィリピン海兵隊武装偵察連隊 (フォース・リーコン / Philippine Marine Corps Force Recon Battalion)、空軍には第 710 特殊作戦団(710th Special Operations Wing)、などが編成されており、それぞれが米軍の部隊と深い関りを持ち、実戦経験は豊富にある。

フィリピンは以前より国内の過激派組織や反政府組織と内戦状態にあったが、2017 年になりそれらの組織がダーイシュに呼応する動きを活発化させた。5 月 23 日にイスラム主義組織アブ・サヤフ(Abu Sayyaf Group: ASG)など複数の組織がミンダナオ島マラウィ市を襲撃し、島全域に戒厳令が発令されている。

「3 日で鎮圧する」と宣言したロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、地上攻撃だけではなく航空機による空爆も行い攻勢に出たが、海外からの過激派戦闘員の加勢や逃げ遅れた市民らが「人間の盾」にされるなどし、戦況は膠着状態となった。

6 月 9 日の戦闘は激戦となり、海兵隊から多数の死傷者が出すに至っている。6 月 10 日には、フィリピン政府の要請で米軍特殊部隊が支援を行っていることを、在フィリピン米大使館が明かした。この発表に対してフィリピン政府は「戦闘参加ではなく技術的な支援」と説明したが、反アメリカ発言を繰り返す大統領を意識した政治的配慮と思われる。

Text: 弓削島一樹 - FM201707

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に
レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中
ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定
グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定
元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット
ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「ハリス」と「L3」が合併。新会社『L3ハリス・テクノロジーズ』は全米6位の巨大防衛請負業者に (2018-10-16 16:15)
 レイセオンが近接戦闘用のリフレックスサイト『ELCAN Specter 1XL CQS』を発表。各国軍隊が評価中 (2018-10-16 12:18)
 ドイツ軍のG36リプレイス計画で装備情報技術運用庁(BAAINBw)が『全ての候補を落選 』と決定 (2018-10-15 16:16)
 グロック社がフィリピン国防省向け「Glock 17 Gen4」の出荷準備を整え近く輸出予定 (2018-10-15 12:28)
 元SEAL隊員が使っていたアーマープレート裏側に収納する医療キット (2018-10-15 12:14)
 ドイツ陸軍の制式小銃「G36」後継を巡る選定の最終結果は『2019年』に持ち越し (2018-10-12 20:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop