NEWS

中央アフリカで展開中のグリーンベレーに航空機動力を提供する民間企業は「ブラックウォーター」の末裔

海外軍事

U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Ericka Engblom/ Released
This photo is for illustration purposes only.
米国防総省は2月6日、イリノイ州に本社を置く「エアリフト・グループ(AAR: Airlift Group)」との間において、2億_400万ドル(=約232億円)の契約を交わしたと発表した。契約は、かつて名を馳せた "傭兵企業" の末裔が、米軍特殊部隊と共に活動を継続していることを表している。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    米国は2011年より、中央アフリカ、南スーダン、コンゴに跨って誘拐、人身売買、虐殺、レイプなど、蛮行の限りを尽くしてきた過激派組織、「神の抵抗軍(LRA: Lord’s Resistance Army」の首謀者であるジョセフ・コニー(Joseph Kony)容疑者の捕縛を目的とした「オブザーバント・コンパス作戦(Operation Observant Compass)」を仕掛けており、陸軍特殊部隊・グリーンベレー隊員100名を展開させている。コニー容疑者の「クビ」にはその後、米国務省から最大500万ドル(=当時のレートで約4.8億円)の懸賞金が掛けられている。

    関連記事:
    米陸軍の特殊部隊100名がウガンダでLRA首領捜索作戦を開始
    米国、ウガンダ「神の抵抗軍」首領に 500 万ドルの懸賞金

    これら特殊部隊の活動に非武装の「航空機動力」を提供しているのが、冒頭にあるエアリフト・グループである。同社はかつてイラク中に展開し、「PMC (Private Military Company)」の存在を広く世に知らしめた民間軍事会社「ブラックウォーター(Blackwater)社」の流れを汲んでいる。


    Photo from SkyQuest International, LLC.
    今年1月下旬、中央アフリカ共和国内で米軍特殊部隊の隊員を運ぶ機体ナンバー「N408RC」のシコルスキー S-61 ヘリコプターの目撃が報告された。連邦航空局(FAA: Federal Aviation Administration)の照会情報によると、機体ナンバーから「EPアビエイション社(EP Aviation, LLC)」の所有機であることが分かっている。

    本件を詳報しているザ・デイリー・ビーストのライター、デービッド・アクセ氏によると、EPアビエーションは、2010年にブラックウォーターからエアリフト・グループに売却されているが、60機の機体はEPアビエーション名義になったままとのこと。

    EPアビエーションは、ブラックウォーターを前身とするアカデミ(Academi)社のかつての子会社。社名に冠した「EP」は、他でもなくブラックウォーターの創業者であり、元海軍特殊部隊SEALs隊員「エリク・プリンス(Erik Prince)」氏のイニシャルに由来している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop