NEWS

「文武両道」米海軍特殊部隊SEAL出身、現職ミズーリ州知事エリック・グレイテンズ氏がSWAT競技会に参加

海外軍事
米国の警察系特殊部隊SWATの隊員らが、日頃の鍛錬の成果を競い合う「SWAT競技会」に、「海軍特殊部隊SEAL出身」の肩書を持つ現職の州知事が招待され、自らも果敢にチャレンジした際の映像がFaceBook上に投稿された。

関連記事:
戦場から政治の世界へ、元 SEAL 隊員 3 名が選挙に当選

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    競技に参加したのは、エリック・グレイテンズ(Eric Greitens)第56代ミズーリ州知事。2013年、グレイテンズ氏はタイム誌恒例「影響力がある100人」選出されたこともある人物。43歳のグレイテンズ知事は、地元ミズーリの他、イリノイ州、フロリダ州のSWAT隊員らと共に障害物コースなどでの競技に汗を流している。

    関連記事:
    米タイム誌「影響力のある100人」に元・SEAL隊員が選出

    1974年4月10日、農務省の職員である父と、特殊養護学校(幼児)の教師である母との間で生を受けたグレイテンズ氏。幼少期は野球やサッカーに励む活発な子供だったという。そして、学業は優秀な成績を収めており、奨学金を得たグレイテンズ氏は、世界大学ランキングで(東大レベルかそれ以上の)難関大学に選出される名門デューク大学に進学している。

    デューク大学時代は、クロアチアやボスニア、ルワンダ、ボリビアなどの孤児、難民とその家族に対する人道支援活動を精力的に参加していた。その一方で、スポーツではボクシングに取り組み汗を流している。

    その後、世界的名門の英国オックスフォード大学で進路を図り、ローズ奨学制度を得たグレイテンズ氏は、人道支援活動を継続。貧困や戦争の中で指導者と地域社会が如何にして子供とその家族を支援できるか?をテーマとした研究に取り組んでいる。そしてオックスフォード大学時代には、学業と並行して取り組んでいたボクシングが結実し、チャンピオンボクサーに輝いている。

    「文武両道」を地で行くグレイテンズが軍事の世界へと足を向けることとなったのは、第二次大戦で兵役に就いていた両祖父の影響が強かったようだ。国家に奉仕することを誓ったグレイテンズ氏は、2001年1月20日、海軍に入隊。幹部候補生学校を卒業し、特殊部隊SEALの門戸を叩いている。BUD/Sではクラス237であった。


    グレイテンズ氏はSEALとして計4度の派兵を経験している。①対テロ作戦の一環でアフガニスタンに、②東南アジア地域にはMk5特殊任務艇の指揮官として、そして③「アフリカの角」ではタスクフォース「マンダ・ベイ」の指揮官として任を受けている。また、2005年から2006年には、当時のジョージ.W.ブッシュ大統領の下、「ホワイトハウス・フェロー(政府高官のアシスタント)」を務めており、2006年には④ファルージャのアルカイダをターゲットとする指揮官としてイラクに展開している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop