ベルトフィード式ARクローンのFightLite社が樹脂製薬莢の開発を開始

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: FightLite Industries Facebook Page
ARES Defence Systems社の一部門で、箱型弾倉・弾薬ベルトのどちらからでも給弾できるARクローン「MCR」を開発しているFightLite社が、樹脂製薬莢の開発を行うとアナウンスした。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    アナウンスでは詳細な技術は明かされていないが、従来の金属製薬莢よりも3割軽量で、かつ口径・火薬量で有利なテレスコープ弾ではない、レガシーな火器でも使える一般的な形状となる。

    参考:アメリカ軍の次世代弾薬「プラスチック薬きょうテレスコープ弾」の現在 - ミリブロNews

    樹脂製薬莢は官民様々な組織が研究・開発を行っている注目の分野である。FightLiteのメインの製品が大量に弾薬を消費するものだけに、軽量な樹脂製薬莢の開発は大いにシナジー効果が期待できるのではないか。

    FightLite社のMCRの動画。見た目も動作も非常に軽快だ。
    MCR - Mission Configurable Rifle
    Source: FightLite Industries Facebook Page

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201708
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop