NEWS

フランス国防省がブールジュの装備局技術センターで新小銃「HK416F」のテストシューティングを実施

海外軍事

Photo from France Ministère de la Défense
フランス国防省は15日、国防情報通信委員会(DICoD: Délégation à l'information et à la communication de la défense)の編集者が、中部のブールジュにある装備局技術センターに向かい、陸・海・空の三軍に跨り次期制式小銃への採用が決まっている、ドイツのヘッケラーアンドコッホ製アサルトライフル「HK416F」のテストシューティングを実施していたことを発表した。

Photo from France Ministère de la Défense
試射担当者はレポートの中で、「HK416は頑丈だ」「5段階調節が備わった銃床のおかげで、シューターの射撃位置に馴染み易い」としている。また、初めての射撃を終えた後には「HK416Fは、優れたパフォーマンスを感じる」「とりわけバースト射撃時にその秀逸さを感じ取れた」とし、概ね好感触であったことが伝えられている。

国防省によると、FAMASが1,100発/分の射撃レートであったのに対して、HK416Fでは850発/分と抑制されており、射撃時のコントロールが優れていることが示されている。


Photo from France Ministère de la Défense
また写真からは、FELINコンポーネントとしても機能することが感じ取れるものとなっている。


Photo from France Ministère de la Défense
HK416Fの供給に関する契約では、102,000挺におよぶライフル本体の他に、HK269F 40mmx46グレネードランチャーが10,767挺と、弾薬類、アクセサリーおよび15年に渡るサポートサービスが附随することが発表されている。また、HK416Fについては、11インチバレルの「HK416F-C」と、14.5インチの「HK416F-S」のバリエーションが示されている。

関連記事:
フランス軍の次期制式小銃は HK416F-C、HK416F-S。HK269F 擲弾発射器の納入も

HK416Fは、今年2017年度中にデリバリーが始まり、2028年までその供給が続く見込み。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」
米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か
米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし
初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去
伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中
カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 Andres Industries製の超小型サーマルイメージャー+ヘッドランプ「TILO-3」 (2017-02-23 18:46)
 米陸軍がM2重機関銃とMK19自動擲弾銃を1つに合体させた武器を計画。軽量版M2計画も再始動か (2017-02-22 17:47)
 米海兵隊が2020年代初めにピストルの更新を計画。陸軍のSIG P320に追従か?グロック19は評価予定なし (2017-02-22 13:47)
 初めてのSEALs出身提督、リチャード・ライオン元海軍少将が93歳で死去 (2017-02-21 19:49)
 伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中 (2017-02-21 13:47)
 カナダ陸軍が「C21」として制式化される新たなマルチキャリバー式スナイパーライフルを取得へ (2017-02-21 12:00)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop