NEWS

フランス国防省がブールジュの装備局技術センターで新小銃「HK416F」のテストシューティングを実施

海外軍事

Photo from France Ministère de la Défense
フランス国防省は15日、国防情報通信委員会(DICoD: Délégation à l'information et à la communication de la défense)の編集者が、中部のブールジュにある装備局技術センターに向かい、陸・海・空の三軍に跨り次期制式小銃への採用が決まっている、ドイツのヘッケラーアンドコッホ製アサルトライフル「HK416F」のテストシューティングを実施していたことを発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from France Ministère de la Défense
    試射担当者はレポートの中で、「HK416は頑丈だ」「5段階調節が備わった銃床のおかげで、シューターの射撃位置に馴染み易い」としている。また、初めての射撃を終えた後には「HK416Fは、優れたパフォーマンスを感じる」「とりわけバースト射撃時にその秀逸さを感じ取れた」とし、概ね好感触であったことが伝えられている。

    国防省によると、FAMASが1,100発/分の射撃レートであったのに対して、HK416Fでは850発/分と抑制されており、射撃時のコントロールが優れていることが示されている。


    Photo from France Ministère de la Défense
    また写真からは、FELINコンポーネントとしても機能することが感じ取れるものとなっている。


    Photo from France Ministère de la Défense
    HK416Fの供給に関する契約では、102,000挺におよぶライフル本体の他に、HK269F 40mmx46グレネードランチャーが10,767挺と、弾薬類、アクセサリーおよび15年に渡るサポートサービスが附随することが発表されている。また、HK416Fについては、11インチバレルの「HK416F-C」と、14.5インチの「HK416F-S」のバリエーションが示されている。

    関連記事:
    フランス軍の次期制式小銃は HK416F-C、HK416F-S。HK269F 擲弾発射器の納入も

    HK416Fは、今年2017年度中にデリバリーが始まり、2028年までその供給が続く見込み。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop