NEWS

フランス軍の次期制式小銃は HK416F-C、HK416F-S。HK269F 擲弾発射器の納入も

海外軍事 Comments(0)
フランス軍の次期制式小銃は HK416F-C、HK416F-S。HK269F 擲弾発射器の納入も
HK416A5 w/ 40mm System HK269
Image is for illustration purposes only.
ドイツ銃器メーカーのヘッケラー&コッホ (H&K: Heckler & Koch) 社は 9 月 28 日に公式サイト上で、フランス軍向け制式採用 (AIF: Arme Individuelle Future) の座を巡ってコンペを争っていた HK416F アサルトライフルの勝利宣言を掲載した。

関連記事:
フランス軍の FAMAS 後継に「HK 416 F」。国防省関係筋が正式発表

FA-MAS に替わるこのコンペについては、何度にも渡って既報の通りだが、今回のプレスリリースの中では、もう少し突っ込んだ内容が見れるものとなっていた。
それによると、「HK416F は、フランス軍が希求する将来のアサルトライフルに係る要件を例外無く全て満たした」としており、2017 年より陸・海・空と三軍を構成する前線の兵士に向け、新たな制式小銃として装備される見込みであることが示されている。

また、今回の契約では HK416F 5.56mm x 45 NATO × 102,000 挺と、HK269F 40mm x 46 グレネードランチャー× 10,767 挺、弾薬類、アクセサリーおよび 15 年に渡るサポートサービスが附随するとのこと。

加えて HK416F については、11 インチバレルの「HK416F-C」と 14.5 インチの「HK416F-S」のバリエーションを紹介している。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop