NEWS

フランス軍の FAMAS 後継に「HK 416 F」。国防省関係筋が正式発表

海外軍事 Comments(0)
フランス軍の FAMAS 後継に「HK 416 F」。国防省関係筋が正式発表
Photo: © Armée de l'air
Image is for illustration purposes only.
フランス軍の現用制式小銃 FA-MAS のリプレイスを掲げた「AIF (Arme Individuelle Future) 」計画において、ドイツの小銃メーカーであるヘッケラー&コッホ (H&K: Heckler & Koch) 社の提案した HK416 アサルトライフルの選定が、国防省関係筋による正式アナウンスとして告示された。

関連記事:
フランス軍 FA-MAS の後継にドイツ HK416 アサルトライフルが選定か。FN 社は不服として異議申し立て
フランス国防調達局 (DGA: Direction Générale de l’Armement) と国防情報通信委員会 (DICoD: Délégation à l'information et à la communication de la défense) は 23 日、H&K SAS フランスとの間において、「HK 416 F」5.56x45mm アサルトライフルの調達に関する契約を発表。

1967 年にポール・テリエ (Paul Tellié) 将軍の下でプロジェクトが始まった FA-MAS は、1971 年に初のプロトタイプを完成させ、翌 1972 年に軍での評価を始めている。以来およそ 50 年に渡ってフランス軍兵士を象徴する制式小銃として運用されてきた。

関連記事:
フランス軍の制式自動小銃「FAMAS」の設計者が逝去

FAMAS のリプレイスに伴う選定レースの結果については、政府関係筋の発表に先立って、同国の経済紙ラ・トリビューンなどが 13 日付けで掲載しており、「H&K 社は我が陸軍に対し、10 万挺あまりの小銃供給、額にして 3 ~ 4 億ユーロ (=約 345 ~ 460 億円) の契約受注になる見込みだ」としている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始
米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出
メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している
ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入
イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に
米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 L3ハリス社が米陸軍に「ゲームチェンジャー」な新型ネットワーク式夜間暗視ゴーグル『ENVG-B』の初期納入を開始 (2019-10-16 18:38)
 米海軍クレーンが『M110K1』の6.5mm CRDMR変換キット新型アッパーのアッセンブリー取得に向けRFI発出 (2019-10-11 12:16)
 メキシコの無法地帯では、麻薬カルテルによる不気味な武装ピエロが徘徊している (2019-10-10 17:33)
 ポーランド警察が「ベレッタAPX」ピストル×4,666挺購入 (2019-10-10 16:01)
 イラク、アフガニスタンでの需要減少でコンステリス社が財務危機。負債額は1,290億円に (2019-10-10 11:59)
 米陸軍が10/1より新開発の『戦闘適合試験(ACFT)』の初期実装を開始 (2019-10-04 12:07)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop