NEWS

フランス軍の制式自動小銃「FAMAS」の設計者が逝去

海外軍事 Comments(0)
フランス軍の制式自動小銃「FAMAS」の設計者が逝去
自動小銃「FAMAS」や1989年まで使用されたFR-F1狙撃銃などを開発したポール・テリエ(Paul Tellié)将軍が95歳で亡くなった。

テリエ将軍は士官学校在学中の1940年に、ドイツのフランス占領から脱出した先の北アフリカで結婚。フランスに戻ってから大学に復学し、30歳で工学士号を取得すると1967年、FAMAS自動小銃開発のリーダーとしてサン・エチエンヌ造兵廠に配属された。

夫人によれば将軍は仕事に対して確固とした信念を持ち、それがために上官と衝突することもあったという。火炎放射器の設計を命令された時は「こんな兵器は残酷過ぎる」と拒否した。退役後は軍人年金で暮らし、FAMAS開発の報奨金はほとんど受け取らなかった。

FAMASは退役が決定し、現在次期制式小銃の要求仕様策定が進んでいる。ドイツ・H&K社のHK416、ベルギー・FN社のSCAR、イタリア・ベレッタ社のARX 160などが注目されていると言われている。

Source: Décès du général Paul Tellié, le "père" du FAMAS - Zone Militaire
R.I.P General Paul Tellié, Father of the FAMAS - The Firearm Blog
Photo: File:French Armed Forces.JPEG - Wikimedia Commons
Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201411
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始
アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画
アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定
アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ
『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント
米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ドイツ陸軍が7.62mmNATO口径の短距離向けセミオート狙撃銃の公募開始 (2020-04-03 19:15)
 アメリカ海兵隊 対中国戦略の一環として戦車部隊の廃止を計画 (2020-04-01 21:30)
 アメリカ陸軍 M4カービンのアップデート計画に約5億円の予算を想定 (2020-03-31 21:49)
 アメリカ陸軍 退役医療技術者にCOVID-19対策支援への参加を呼びかけ (2020-03-30 18:22)
 『デンジャー・クロース 極限着弾』ムビチケプレゼント (2020-03-30 15:41)
 米軍次世代分隊火器の調達予算とスケジュールが公開 約14万5千丁を5年で取得予定 (2020-03-25 21:08)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop