ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Geissele Automatics
特殊作戦向けM4A1カービンアクセサリーキット「SOPMOD」は、M4A1カービンの使用延長と併せて第3期にあたる「Block III」の導入時期にきている。ライトやサイレンサーを始め、そのカバーするジャンルは広範なものだが、そのうちの一つ、ハンドガードについてアメリカのガイズリー(Geissele)のものが採用された可能性がある。
ガイズリー社のInstagramで、同社のSMR(Super Modular Rail)Mk. 16を「SOPMOD Block III」として紹介している。
Mk. 16は同社のMk. 14から11時、1時、5時、7時方向にM-LOKスロットが追加されたハンドガード。SOPMOD Block IIIでは「URG-I(Upper Receiver Group - Improved)」とよばれる改修型アッパーレシーバーグループの配備が予定されており、ガイズリー社のMk. 16はこれを構成するパーツとなると思われる。

関連記事:
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中

URG-IらしきものはSureFire社のInstagramにも登場している。「特殊部隊の兄弟たち(SOF brothers)」が被写体とされるが、彼が持つライフルにもガイズリー社のハンドガードが取り付けられている。

Photo from SureFire LLC

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop