第 1 空挺団の「降下訓練始め」一般公開に、初めて米陸軍の特殊部隊「グリーンベレー」が参加

国内軍事関連 Comments(0)

Image is for illustration purposes only.
陸上自衛隊 第 1 空挺団による年初恒例の「降下訓練始め」が 1 月 8 日 (日) に、千葉県の習志野演習場で一般公開される。
日本共産党の機関紙「赤旗 (アカハタ) 」によると、今年の降下訓練始めの一般公開に、初めて米陸軍の特殊作戦部隊が参加する。

「沖縄県に駐留する第1特殊部隊群 第1大隊・通称「グリーンベレー」の 9 人が降下する予定」とのことで、一般公開日である 8 日以外にも降下訓練を実施することが伝えられている。

隣接する習志野駐屯地には、陸自唯一の特殊部隊である「特殊作戦群 (SOG: Special Operation Group) 」が所在していることから、記事では「危険な任務を実行する日米部隊の連携強化・一体化が進んでいる」として懸念しているようだ。

同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介
豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開
ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ
ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売
田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 防衛装備庁(ATLA)が『電磁加速システム(レールガン)』を含む様々な兵器技術の研究開発とその取り組みを紹介 (2018-08-06 18:58)
 豊和工業が出願していた新型自動小銃らしきものの意匠が公開 (2018-07-04 12:51)
 ニコン(Nikon)が『ブラック・オプティクス(Black Optics)』シリーズのPRサイトを立ち上げ (2018-06-29 13:15)
 ニコン タクティカル用途向けマイクロドットサイト「Nikon P-TACTICAL SUPERDOT」を発売 (2018-06-26 16:37)
 田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop