NEWS

現代化改修を終えて実戦に向けた配備が進む英軍の『SA80A3』

海外軍事 Comments(0)
英陸軍で現代化改修を終えたプルパップ式小銃『SA80A3』の実戦に向けた配備が進んでいる。


Photo from Grenadier Guards
「近衛擲弾兵連隊」こと『グレナディアガーズ(Grenadier Guards)』が、「我が連隊が陸軍で初めてSA80A3を装備する」「この新たにアップグレードされた小銃は、世界中の様々な厳しい要求目標に応え、我々を助けてくれる」として写真を投稿。いずれのSA80A3も、光学照準器は4倍率のエルカン・スペクターOS&接近戦用の等倍率シールドCQSバトルサイトのコンボで、サイドレイルにはレーザーライトモジュール(LLM)Mk3が取り付けられた標準的なセットアップとなっている。

Photo from Grenadier Guards
2016年8月末、欧州連合の入札電子日報(TED: Tenders Electronic Daily)が発出した資料によると、英国防省は現行「L85A2」自動小銃の現代化改修として、総額270万ポンド(約3億6千万円)の予算を計上し、5,000挺の改修を発注している。そして翌月に開幕した軍事企業見本市のDVD(Dynamic Vehicle Demonstration)において、そのプロトタイプが展示。ハンドガードがKeyModシステム(HKey)化されているのが大きな変化となった他、セレクターの回り過ぎを止める突起などアッパーレシーバー全体に改修が施されていた。

関連記事:
ヘッケラーアンドコッホ社が英国防省向け「L85A3」をDSEI 2017で展示

その後SA80A3は2017年2月に中南米にある英連邦下のベリーズで海兵隊がジャングル戦訓練の最中に利用していることが確認できる。そして2017年9月には、ドイツのヘッケラーアンドコッホ(H&K: Heckler & Koch)社による改修を終えたSA80A3が、国際防衛展示会「DSEI(Defence and Security Equipment International)」の会場でお披露目を迎えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop