NEWS

ダーイッシュ(IS)260名を葬った「ランボー」の異名を取るクルド人治安部隊ペシュメルガのスナイパー

海外軍事

Photo from Iraqi News
連合軍の後押しを受けてイラク軍がダーイッシュ(Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL)への攻勢を強める中で、敵から「ランボー(Rambo)」として恐れられている1人のスナイパーがクローズアップされている。

関連記事:
2年間でダーイッシュ(IS)戦闘員321名を排除した熟練の「シルバー・スナイパー」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    男の名は、ムハンマド・アリ・カリム(Muhammad Ali Karim)氏。1977年生まれの40歳。
    現地報道イラク・ニュースによると、カリム氏はこれまでに260名ものダーイッシュ戦闘員を葬ってきたとされる。

    戦時プロパガンダのようにも聞こえるこのカリム氏のおびただしい戦果は、サダム・フセイン政権下でペシュメルガ・スナイパーとして活躍していた父親の影響があり、エリートスナイパーとしてのイロハを叩き込まれていたようだ。

    イラクを去り、北欧ノルウェーで生活を送ったこともあったが、ダーイッシュの悪行三昧によって荒廃していく母国を見兼ね、2014年に戦う決意と共に帰国したという。

    関連記事:
    ノルウェーの元軍人、SNS の単独活動を通じてダーイッシュ (IS) との戦闘に必要な活動資金を呼び掛け

    現在カリム氏は、クルド人部隊「ユニット70」の中で尉官として従軍しており、その大胆さと並外れた度胸から、「キャプテン・ランボー(Captain Rambo)」と呼ばれている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop