NEWS

イスラエル海軍特殊部隊「シャイェテット13」が夜間船舶臨検など米海軍特殊部隊シールズと合同訓練を実施

海外軍事
イスラエル国防軍(IDF)が、3月末におこなわれた米軍特殊部隊との合同演習の様子を収めた映像を公開した。
イスラエル側からは海軍特殊部隊「シャイェテット13(Shayetet 13)」が、一方の米側は海軍特殊部隊シールズが参加している。シャイェテット13は、イスラエル軍きっての秘匿部隊の1つと言われ、海から地上へ侵攻し、カウンターテロや、破壊工作、海上の情報収集、人質救出などを専門に扱う精鋭部隊。

関連記事:
イスラエル海軍特殊部隊「Shayetet 13」、紅海でイランのミサイルを積んだ貨物船を急襲

映像には、洋上でのパラシュート降下、特殊部隊員による不審船舶への夜間臨検実施、狭い船内を巧みにガンハンドリングして捜索する様子が収められている。

この演習は、イスラエルと米国のような同盟国の軍特殊部隊において、その運用能力を構築するために計画されたもので、二国間の統合認識の伝達、戦闘現場における共通言語、運用協力の強化を掲げている。

イスラエルでは、ハマスとヒズボラが海上での攻撃を準備していることに懸念しているとのこと。

昨年7月には、シャイェテット13が米海兵隊とカウンターテロ訓練をおこなっている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop